« PSM 名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「紐育万国博覧会」 »

日本選手権 三洋電機対トヨタ自動車

2010.2.28 14時 秩父宮 

 三洋電機ワイルドナイツ 22-17 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

決勝。
午前中は結構強い雨が降ってて、どうなることかと思ったけど、試合に合わせるかのように晴れ上がってきた。ただ、足下はかなりぬかるんでたみたいだ。ジャージが泥でどんどん黒くなって、遠目にチームの見分けがつかなくなることも…(^^;)。

準決勝に続いて、トヨタの出足がよく、サポートもきっちり入ってスムーズな試合運び。9分に速いプレッシャーを掛けて三洋陣内深い位置でラインアウトを得ると、モールで持ち込んで先制。14分のチャンスにはインゴール内で押さえ損なって追加点を逃すが、18分に自陣から縦にきっちり繋いでトライ。12対0。
三洋はハイパントからいい形は作るし、一人ひとりの当りの強さも見せていたけど、ちょっと個人で行き過ぎてる感じだったし、肝心な所でミスが出て決められない。そのまま前半終了。
後半に入ってもいまいち攻め切れない三洋だったが、3分にとりあえずPGで3点。これで少し落ち着いたのか、トヨタの動きが鈍り始めたこともあって、三洋が優勢に試合を運び始める。押し込まれて堪え切れずに反則の繰返しになったトヨタは、15分にシンビンで一人欠け、ここを三洋は見逃さず、きっちり2トライで逆転。その後にもラインアウトからモールでトライを決めて突放し、トヨタの反撃を終了直前のイエーツのトライ1本に押さえ込んで優勝を決めた。

まあ、実力通りの結果だったかなという感じ。トヨタは前半のペースを後半も維持出来ていれば、と思ったけれど、重馬場だったこともあるし、難しかったんだろうな。後半は攻守両面で、ミスが出過ぎたと思う。
三洋も、最後の方はかなりいっぱいいっぱいな気配があったけど、トヨタよりも遅くまで元気だった。それが勝敗の分かれ目だったかも知れない。それと、三洋の逆転トライは北川で、準決勝でもそうだったけど、競合いの局面で、やっぱりあのスピードは効くなあという感じだった。トップリーグのファイナルに彼が欠場したのは、三洋にとって、本当に痛かったなと改めて思った。
20100228board
20100218fukei

|

« PSM 名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「紐育万国博覧会」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47693083

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権 三洋電機対トヨタ自動車:

« PSM 名古屋対岐阜 | トップページ | 感想「紐育万国博覧会」 »