« 感想「やさしい小さな手」 | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対磐田 »

オープン戦 中日対ヤクルト(3/21)

2010.3.21(日) 13時半 ナゴヤドーム

名古屋へ行ったついでに見て来た。最後まで見れないので、最初は行く気がなかったが、料金を調べたら、500円で外野に入れるのが分かったので、行こうと思った。安いね。
20100321naka
中日先発の小笠原が先頭の福地に四球。ヒロヤスが送って、青木が大きくバウンドした内野安打、デントナのライト前で先制。いい試合運び。
ヤクルト先発は村中。球威はあるみたいだったが、制球が安定しない。初回は切り抜けたが、2回に和田の中前打、井端四球の後、小池のツーベースで同点、谷繁の中犠飛であっさり逆転。
小笠原は2回以降、低目の制球が安定した、いいピッチングで、これは打てんかなあと思って見てたんだが、4回表先頭の青木がさすがのバッティングでレフト線ツーベース。これを慎也がさすがのタイムリーで返して同点。
4回裏、5回表は双方先頭打者がヒットで出たがつながらず逸機。ここで時間切れ。撤退。
最終スコアも2対2だったようなので、結局、そのまま試合は動かなかったみたいだ。中日は先発をどんどん交代し始めて、完全に調整モードに入っていたし、まあ頃合だったんだろうな。
20100321board1
うちに関しては、村中は今年も大きな期待は出来なそうだなあ、という感じ。打線は、打つべき人は打ってるから、まあ、悪くはないんだろう。やや物足りないが。
次の試合はいよいよ公式戦。
20100321fukei1

|

« 感想「やさしい小さな手」 | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対磐田 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47878418

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 中日対ヤクルト(3/21):

« 感想「やさしい小さな手」 | トップページ | J1リーグ第3節名古屋対磐田 »