« オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/12) | トップページ | 感想「日本辺境論」 »

AC/DC

3/12のさいたまスーパーアリーナ。過去の来日は行き損ね続けたが、ついに行けた。

4階席の一番端。ステージの真横で、スクリーンが何も見えない。東北電力スタジアムのビジター席みたいな感じ。場内がなんで盛り上がってるのかよくわからない。
立体ははみ出してくるんで、一応見えたけど。WHOLE LOTTA ROSIEの時、空気人形の足をスタッフが引っ張ってゆさぶってるのがよく見えた(^^;)。ROSIEにしても、大砲(FOR THOSE ABOUT TO ROCK)にしても、鐘(HELLS BELLS)にしても、T.N.T.の炎にしても、比較的近い分、臨場感はあったな。メンバーも比較的近くで見えたんだが、スクリーンでアップになってるのには負けてただろうなあ。それと、暗くなった時の(観客をあまり意識してない所での)ステージ上の挙動とかも見えるんで、それで妙に冷静に見れてしまったかな、という気もする。

ショウとして、すごく完成されているんだなという印象。92年に出た2枚組のLIVEというアルバムがあるが、あれとほとんど印象が変らなかった。新曲が5曲入った分、曲が少し入れ替わっただけ。18年前のライブアルバムと印象が変わらないってのも、それはそれで凄いことかも知れない。
生の迫力は圧倒的だし、いろいろ叫べるし(^^;)、アルバムで中だるみに思えてしまう部分も、何やってるかを目の前で見れば、そんなことは全然ないから(それはビデオでも分かるんだけど、生で見てしまうと、やっぱり中途半端だな)、良かったのは確かなんだけど、曲を聴くという意味では、ライブアルバムでもいいのかな、という感は若干。多分、あのライブアルバムが凄過ぎるというのもあるんだろう。まあ、上記のような事情で、あんまり入り込んだ気分で見れなかったというのも、影響したかなとは思う。まあ、ついに見れる、という期待感の大きさ(大き過ぎ)のせいもあったかも(^^;。

|

« オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/12) | トップページ | 感想「日本辺境論」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/47806011

この記事へのトラックバック一覧です: AC/DC:

« オープン戦 ヤクルト対ソフトバンク(3/12) | トップページ | 感想「日本辺境論」 »