« AC/DC | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対川崎 »

感想「日本辺境論」

「日本辺境論」 内田樹 新潮新書
去年の新書大賞とかを受賞した本。買った数日後にそういうニュースが流れた。

日頃、世の中で見聞きする、いろんな妙なことや腑に落ちないことを、日本は辺境国であるという一点で、全て説明しちゃう本。最初の方はなるほどと思って、感心してたが、あまりにも歯切れが良過ぎるので、段々疑わしくなってきた。自論に都合のいい論拠だけを引いてきているように思える所や、論理の飛躍が、あちこち見えてきて、すごくうさん臭く感じられはじめた。ただし、この著者は、アラのある本だと最初に宣言していて、そういう批判を受け付ける気はないんだな。実際、仮に納得出来る論拠があるとしても、この分量で書き切れるわけもないから、まあいいか、とは思うけど。そういう考え方もある、という程度の読み方をすべき本なんだと思う。気になることがあるなら、それをとっかかりにして、他の本を読むなりしていけばいいわけで。
結局、日本論・日本人論によくある、日本は特別な国なんだ的な主張と、根っこでは同じなんじゃないかという気がする。ただ、知識や考え方の点で、教えられることが結構あったので、読んでみて悪くはなかった。また、昨今、「辺境国」の特徴を、ガラパゴスと言って、やたらとネガティブに捉えるのが流行りだが、そこをポジティブに考えたいというのが感じ取れるあたりには共感した。

|

« AC/DC | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対川崎 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49149571

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「日本辺境論」:

« AC/DC | トップページ | J1リーグ第2節名古屋対川崎 »