« 感想「それからの海舟」 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対山形 »

セリーグ ヤクルト対阪神(4/28)

2010.4.28(水) 18時 神宮

3回表半ばに到着。
20100428fukei
先発は石川で、初回に3失点。その後も切れ目なしにヒットを打たれてたみたいだったから、ボロボロかなと思ったが、自分が見始めてからは、そんなに悪い出来ではなかった。初回以外は、打たれながらも凌ぐ、しぶといピッチングが出来ていて、しかも、尻上りに調子を上げたということなのかな。6 回3失点なら、そんなに悪いわけでもない。でも、打線が…。6回2死まで久保にパーフェクトに抑えられ、あまりにも実も蓋もない攻撃が続いてたから、やられちまうんじゃないかと思ったよ。パーフェクトを見ることなんて、まずありえないから、それはそれでもいいけどよ、と思ったのはともかくとしてだ (^^;)。でも、6回2死後、石川の代打で出た上田(1軍で見たのは初めてじゃないかな)が、ストレートの四球でパーフェクトが崩れ、続くヒロヤスが綺麗にセンター前へ弾き返して、ノーヒットノーランも崩れた。まあ、こんなもんだ。こうなったら勝たないと、と思ったが、慎也二ゴロで無得点。そうすると2番手高木が、 7回に城島にスリーランを打たれ、試合はほぼ決まってしまった。
その裏に青木がバックスクリーンに打込んで完封も崩したが、8回表には金本の代打ホームラン。8回裏武内が代打ホームラン。9回表ブラゼルが3番手橋本からツーラン。急に空気が薄くなったんだろうか?(^^;)
9回裏には1死満塁まで攻めたが、代打藤本の犠飛で1点返すのが精一杯で3対9の完敗。久保は完投。まあ、試合時間が2時間半で、短かったのは良かったけど、こんなしょうもない負け試合になるんなら、やっぱ、パーフェクトが見れた方が良かったな??(^^;)
20100428end

|

« 感想「それからの海舟」 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対山形 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48209164

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(4/28):

« 感想「それからの海舟」 | トップページ | J1リーグ第9節名古屋対山形 »