« 感想「未踏の時代」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/3) »

J1リーグ第5節名古屋対神戸

2010.4.3(土) 16時 豊田スタジアム

 名古屋グランパス 2(1−0)0 ヴィッセル神戸
           (1−0)

 得点 名古屋・ブルザノビッチ(FK直接)
    名古屋・ブルザノビッチ(FK直接)

JSPORTSの録画中継を録画で見た。

スコアから思ったほど、一方的な試合でもなかったかな。波はあるにしても巧いパスワークで好機をよく作ってたのは名古屋の方だと思うし、総じて優勢だったとも思うけど、アーリークロスやロングボールから神戸にも結構チャンスはあったし、都倉や吉田にもうちょっと決定力があれば、神戸も無得点では終らなかっただろう。
決定力不足は名古屋にも言えるが、まあ、神戸のディフェンスがよく粘った。でも頭上を通り過ぎてくブルゾのFKには粘りようがないから。直接FK2本は見事に決めたな。3日前にPKを止められた選手とは思えない…(^^;)
内容的にはFC東京戦とそんなに違いはなかったかもしれないと思った。相手の決定力の差が結果の差だったような。

ちょっと警告が多かった。抜かれかかって簡単に手が出たり、FKに手が出ちゃったり、なんとなく軽く行っちゃってるように見える。今年のディフェンスは、特にツリオがそうだけど、余裕こいて守ってるようで、実は案外余裕がなくて、それでファールになったりしてる場面が結構目立つような気がする。余裕がないように見えて、本当に余裕がないよりマシだろうけど(近年はそっちに近かったかと)、なんかもったいないという気がしてしまう。
(2010.4.8)

|

« 感想「未踏の時代」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/3) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48044222

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節名古屋対神戸:

« 感想「未踏の時代」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(4/3) »