« J1リーグ第6節京都対名古屋 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対新潟 »

JFL前期第6節高崎対横河

2010.4.17(土) 13時 敷島公園サッカー・ラグビー場

 アルテ高崎 1(1−0)0 横河武蔵野
        (0−0)

隣の正田醤油スタジアムで、全く同時刻にJ2の草津対大分をやってて、しかもメインスタンドのそっち側に行くと、ピッチは半分くらい欠けるものの、試合がのぞけちゃうってのは…(^^;)。
試合前に、そっち側に陣取る横河の声出しサポがトリニータコールをしてたのは、結構ウザかったが、去年の天皇杯で対戦した縁ということだったらしい。でもそんなのは、当事者しか分からんからね。

試合は6:4くらいで横河優勢で始まった。スピードや技術を見てると、もっと差があってもおかしくなかったが、横河は変なミスが多くて、勢いに乗れなかった感じ。特にボランチに安定感がなくて、太田の穴を感じてしまった。ちなみに岩田と常盤という構成で、西が丘で見たどっちの試合とも違う。コロコロ面子が変るのは監督も迷ってるのか。
で、前半20分過ぎに、金守が手で引っ張ったファールを取られ、そのFKから小川が決めて高崎が先制。地力で劣る高崎が引いて守るサッカーをやりやすい展開になった。横河はこれ以降、ポゼッションは高いが攻め手がなかなかつかめない状態。それでもセットプレーや岩田の球出しから(いいパスを何本も出していた)ゴール前に押し込む場面は度々あったが押し込みきれない。苛立ったのか、村山が前半の最後に高崎のDFを倒して(肘打ち?)退場。
しかし、後半序盤に今度は高崎の白山が、足裏を見せたスライディングタックルで退場になり、数的には同数。ただ、これでいよいよ高崎の目標(守り倒す)がはっきりしたから、むしろ横河には不利に働いた気がする。高崎のバックラインは、例年通りスリリングだったが、岩間と秋葉のボランチ2人が安定していて、一つ手前でよく潰していたので、必要以上に危険な場面を作らずに済んでいたみたいだ。途中、秋葉が痛んで倒れてる状況で、横河がそこをよけてプレーを継続し、主審が切れ目で試合を止めたら、瀬田が激昂して、スタンドもザワザワする(人数が少ないんで、その程度だ(^^;))場面があり、その後のプレーで瀬田が勢いで高崎GKを吹っ飛ばして警告を貰ったりしてたが、必要以上に試合が荒れることはなく、ややたどたどしいながらも逃げに入った高崎が、そのまま守り切って終了。

横河の自滅っぽい試合だったと思う。高崎の攻撃は、バックラインの裏へのロングボールくらいしか、流れの中で形を作れてなかったから、堅実に守って、辛抱強く攻めていれば何とかなった可能性は高かったと思うんだけど、簡単に失点し過ぎた。攻撃も含めて、なんか空回りしてるっぽい。去年のイメージが残っていて、ギャップに苦しんでいるのかなあ。
高崎も、この内容じゃあ、今年もあんまり楽なシーズンじゃなさそうという気がした。ちょっと気になったのは、走り負けや諦めの早さが目立ったように思えたこと。まあ、勝ってる展開だったんで、無理をしなかったという面はあったんだろうけど、もう少しアグレッシブでもいいのにと思った場面が何度もあった。
20100417fukei
20100417end
20100417fukei2
これは隣。
20100417tonari

|

« J1リーグ第6節京都対名古屋 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対新潟 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48112222

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第6節高崎対横河:

« J1リーグ第6節京都対名古屋 | トップページ | J1リーグ第7節名古屋対新潟 »