« 感想「Too Many Clients」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(4/25) »

JFL前期第7節横河対ホンダロック

2010.4.24(土) 13時 武蔵野市陸上競技場

 横河武蔵野 3(3−0)0 ホンダロック
        (0−0)

前半は、横河が強い追い風を使ったロングボール多用、ロックが小刻みにパスを繋いで、割と持ってるイメージとは逆な感じのサッカーだった。横河が開始4分にゴール近くでFKを得て、高松と岩田で蹴り合ってタイミングをずらし、高松がゴール前に放り込んだのを冨岡が合わせて先制点。30分過ぎには岩田が風にも乗った感じのミドルで追加点。さらに3分後には冨岡がドリブルからディフェンスをかわして持ち込み、反転しながらカッコいいシュートを決めて3対0。
ロックも中盤ではパスを繋いでよく対抗してたと思うが、ゴールに繋がる最後のパスがうまく通らず無得点。あと、やっぱりディフェンスがずれ過ぎてたと思う。
後半は地力で勝る横河が、大量リードを背景に楽な試合をした感じ。前節みたいに先行されるとキツいが、こういう展開に持ち込めば、さすがに強さがあるよな。それと、試合を決められる個人技のある選手が居るというのが、ロックとの差だったかな。

横河は、村山出場停止の影響だったんだろうけど、冨岡のFW起用が当ったかなという気がした。あと、左SBの勝野が後半やたらと攻撃的だったのが目を引いた。右SBの小山も前半から上がりまくりで、攻撃的な試合運びだったという印象。このところ、点が取れていないので、アグレッシブな意識で行ったという所だったのかも知れない。
20100424fukei
20100424bow
20100424board


|

« 感想「Too Many Clients」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(4/25) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48182493

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第7節横河対ホンダロック:

« 感想「Too Many Clients」 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対西武(4/25) »