« ナビスコ杯予選L第1節東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対神戸 »

感想「未踏の時代」

「未踏の時代」 福島正実 ハヤカワ文庫
福島正実が、早川書房で死に物狂いでSFを立ち上げていた頃のことを書いた回想録。
未完ということを知らずに読んでいて、出出しが疲れ切ってSFから逃れた場面だったから、当然そこへ収斂していくと思っていたのが突然ぶつっと終わって、呆気に取られてしまった。著者の死去による中絶だが、確かにこれだけ過酷な生活をしていれば、そういうこともあるだろうなと思う内容ではある。情熱には感心するけれど、結局、福島に何か達成感のようなものはあったんだろうか、ということが気になった。先駆者というのは、そういうものなのかな。
福島のスタンスが、日本のSFの方向性に大きな影響を与えたのはよく分った。必ずしも日本のSFとソリが合わない自分にとっては、それがよかったことなのかどうなのか、分からない所もある。また、無器用な人だったんだなということを感じた。似たような趣向で書かれていた、同僚の(といっていいんじゃないかな)都筑道夫の文章と比べても、いかにも重苦しくて鬱屈としていて。

|

« ナビスコ杯予選L第1節東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対神戸 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48701859

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「未踏の時代」:

« ナビスコ杯予選L第1節東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第5節名古屋対神戸 »