« J1リーグ第9節名古屋対山形 | トップページ | JFL前期第9節栃木ウーヴァ対高崎 »

セリーグ ヤクルト対横浜(5/1)

2010.5.1(土) 18時 神宮
20100501board
20100501fukei
ヤクルト先発は中澤。初めて見るんで、どんなんかなあと思ってたが、球がバラついて苦しいピッチング。初回に村田のタイムリーであっさり先制される。その後も安定感があるとは言い難く、ヒヤヒヤしながら見てたが、不思議と崩れない。7回に井手のツーベースで失点するまで、1失点で持ちこたえる粘りのピッチング。確かに緩急をうまく使えていたし、要所はきっちり抑えていたなあ、とは思った。
打線もとりあえず、横浜先発の加賀に対して、初回に飯原のタイムリーツーベースで2点挙げて速攻で逆転。3回には横浜の守備の乱れに乗じて3点を上げて5対1。楽勝ペースに持ち込んだように見えたが、以降、好機に決定打が出なくなる。5回に藤本が宮本の二ゴロで憤死&球審をドツいて退場になったあたりで流れが変わった感じ。ただ、あれは藤本が正しくて、球審の誤審くさい。
それでも3点リードで最終回にこぎ着けたが、今度は林昌勇が乱調。四球、死球、ヒットで1死満塁。一発出れば逆転の場面で迎えた村田は三振に取ったが、続くスレッジが四球押出しで2点差。しかし、カスティーヨを三振に取って、なんとか逃げ切った。たった1勝するのに、なんでこんなにハラハラせないかんのだろうなあ。

勝って連敗を止めたとはいえ、ガイエルの絶不調やら、林昌勇の乱調やら、気の揉めることばっかりで、先が思いやられる感じ。
上田は1軍初先発だったのかな?(1番サード) 3打数2安打の上、守備でもいい所を見せていたし、このまま定着の可能性もあるかもな。まあ、続けて働ければ、というところだろうけど。
20100501end

|

« J1リーグ第9節名古屋対山形 | トップページ | JFL前期第9節栃木ウーヴァ対高崎 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48239174

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対横浜(5/1):

« J1リーグ第9節名古屋対山形 | トップページ | JFL前期第9節栃木ウーヴァ対高崎 »