« J1リーグ第10節浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第11節仙台対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/8)

2010.5.8(土) 13時 戸田

週末の巨人戦なのでさすがに混んでた。面倒なんで土手上から動かず観戦。

先発は赤川で、初回に2死取った後、四球と連打で1失点。そんなにいい当りの打球はなかったんでやや不運もあったかな。
1回裏、巨人先発オビスポに対して、先頭の森岡がツーベースも、三輪がバント失敗と盗塁死でひとりでツーアウトみたいな失態で逸機。
2回以降の赤川はまずまずのピッチングながら、打線が制球難気味のオビスポを捕まえられない。それでも5回にヒット、四球、オビスポのエラーで満塁として、三輪の犠飛で追い付く。
しかし、6回に赤川が捕まり2安打で1失点。7回は松井が登板するが、相変わらずの不出来で1失点。ほぼ負けパターンに入ったと思ったが。
7回裏、依然として制球が安定しないオビスポから、1死後ヒットと2四球で満塁として、2番手上野から三輪がタイムリーでまず1点。さらに中尾がライト線スリーベースで走者一掃逆転。ユウイチもセンターオーバースリーベースでもう1点。巨人3番手土本から代打梶本がヒットでさらに1点。7対3。
しかし、8回表にヘチョンが仲澤にツーランを食らい2点差。最終回はデラクルス。こいつもいまいち不安定で、と思っていると、1死後ヒットと四球で1-2塁。やばいなあと思ったが、小田嶋を遊ゴロゲッツーに仕留めて乗り切った。

ゲッツー4つで、要所で傷口を拡げない試合運びが出来たのがよかったかな。セカンド森岡、ショート荒木で、おおむね安定した内野守備が出来ていた。
しかしまあ、投手も打者も、ここ一番で頼りになりそう、と思えるほどの出来の選手は居らず、迷走する一軍の助けにはならなそうだなあ。赤川は前回見た印象も合わせて、去年よりかなり成長してる感じはするけど、まだ1軍レベルではないなという感じだし。
20100508fukei
20100508end
20100508board

|

« J1リーグ第10節浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第11節仙台対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48308924

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(5/8):

« J1リーグ第10節浦和対名古屋 | トップページ | J1リーグ第11節仙台対名古屋 »