« セリーグ ヤクルト対阪神(4/28) | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(5/1) »

J1リーグ第9節名古屋対山形

2010.5.1(土) 14時 瑞穂陸上競技場

 名古屋グランパス 2(1−1)1 モンテディオ山形
           (1−0)

 得点 名古屋・ケネディ
    山形・北村
    名古屋・闘莉王

JSPORTSの録画中継の録画。溜めてた録画4試合分の最後。

玉田とジョシュアが久々に揃って先発。立上がりから名古屋が攻め続け、7分にはムウのクロスをジョシュアが決めて先制。流れから得点したのって、何試合ぶりだ? その後も、名古屋はいい形を作り続けるが、19分の玉田のゴールはオフサイド(玉田が触らなければハユマのゴールになっていたかも)、それ以外の決定機も決め切れず、41分に山形にゴール前でうまく崩され北村に決められて、同点になってしまう。

後半は開始8分でムウが足を痛めてリタイア。小川が入る。ムウが欠けて、前節はマギヌンが痛んで、今節はベンチ入りもしてなくて、それでもそれなりのメンバーになるってのは、層が厚くなったもんだなとは思うが、やっぱりこのメンバー交代の影響か、山形がかなり盛り返して来た感じだったが、それでも優勢なのは名古屋。
81分にブルゾを千代反田に代え、ツリオを前線に上げて点を取りに行く。終了時間が近づくにつれて、名古屋が一方的に攻める展開になり、押せ押せの中、89分にアレックスのクロスからツリオが決めてギャンブル(でもないかな)成功。勝ち越し。そのまま逃切り勝利。

点を取るのに苦労はしてたけど、内容的に悪くない試合だったと思う。形がちゃんと作れるようになったのは好材料。やっぱ、ジョシュアと玉田の2人が居れば、ということか。ただ、ムウの負傷が気になるのと、ツリオが警告累積で次出られないのが、次(明日)の浦和戦にどう効いてくるか。
(2010.5.4)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(4/28) | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(5/1) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48390103

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第9節名古屋対山形:

« セリーグ ヤクルト対阪神(4/28) | トップページ | セリーグ ヤクルト対横浜(5/1) »