« 感想「ナポレオンの剃刀の冒険」 | トップページ | 感想「機械探偵クリク・ロボット」 »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/20)

2010.6.20(土) 13時 戸田

土手上を球場に向かう途中、遠目に西武の先頭打者(大崎)がヒットを打つのが見え、球場脇に着いた所で2番石川が犠打を決め1死2塁。3番浅村のポテンヒットでまず1点。4番坂田のレフト超えツーベースでもう1点。先発赤川の制球難は、今日はちょっとヒドい感じで、その後DH米野(^^;)と星に連続四球。岳野ゲッツーでなんとか2点に止めた。
しかし、西武先発の朱もかなりの制球難の上、ファースト吉見の守備も難あり。その裏、四球と吉見のエラーでランナーが溜り、野口のタイムリーで1点返す。
3回の赤川は浅村と坂田に連打された後、米野にレフト前へ打たれてまた失点。今日はあんまりしょぼい試合に付き合う気もなかったんで、5回で試合成立したら帰っちゃうかなと思っていた。
けれども、4回裏にヒット、吉見のエラー、四球で満塁と攻めて、ユウイチがライトオーバーの走者一掃ツーベースで逆転。赤川はいまいちぱっとしないまま5 回で退いたので、6回の山田の調子を見て帰るかと思ったら、三者凡退の好投。なんとなく帰り損ねているうちに、7-8回もヘチョンがまずまずの出来で抑え、試合のペースも上がってきたので結局最後まで居ることに。9回も松井光介が三者凡退できっちり勝った。試合時間も3時間を切った。
20060620fukei
20100620end
2軍でも、ヘチョンや松井がこんなにちゃんと抑えた試合は、近頃あんまり見た記憶がないなあ(^^;)。西武が元気がないってのもあるんだろうけどな。
打線が追加点が取れそうな場面で、中村の2併殺とかで取り切れなかったのがちょっと。さすがにユウイチは打ったけど。今、2軍で見ていて、一番貫禄を感じるのはユウイチじゃないかなあ。1軍に行くと、それがいまいち見えないのが残念。

米野は5回の(うちの)ピンチでは遊直ゲッツー、8回は三振だった。ずっと見ていた選手だから、もう一度頑張って欲しいとは思ってる。キャッチャーとして大成出来てないのは、人が良過ぎるせいのような気がしてるんで、環境を変えただけでは難しいのかもしれないけどなあ。
ちなみに、今日のユニは借り物だったみたいだ(^^;)。41を付けていて、名前も違ってたぽい。本当は36番のはずだよね。トレード発表から、まだ一週間も経ってないとはいうものの。こういうのはほんとに電撃なんだな。
20100620yoneno

|

« 感想「ナポレオンの剃刀の冒険」 | トップページ | 感想「機械探偵クリク・ロボット」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48679199

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(6/20):

« 感想「ナポレオンの剃刀の冒険」 | トップページ | 感想「機械探偵クリク・ロボット」 »