« セリーグ ヤクルト対巨人(6/23) | トップページ | 感想「比較言語学入門」 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/1)

2010.7.1(木) 13時半 ロッテ浦和

昨日が市原臨海でのナイトゲームだったので、プレイボールは13時半。ここの駐車場に建物が出来てからは、初めて行ったのかな。球場前がだいぶ狭っ苦しい感じになった。

ロッテ先発の上野がボロくて、2回に4連打含む6安打1四球で4点先行。3回から登板した2番手坪井からも、高井のスリーラン含めて5点を取って、5回終了時点で9対1と楽勝ペース。ただ、それ以降、チャンスは作るが追加点が取れない。
うちの先発の高木も、多分、今年初めて見たんだが、制球が安定しない苦しいピッチング。それでも、ロッテの拙攻にも助けられて、5回まで1失点でしのいでいたが、6回に清田の代打ホームラン、定岡のツーランを食らって9対4。さらに青松にヒットを打たれた所で、吉川に交代。吉川も、そんなに安心して見ていられるという感じでもなかったが、7回まで押さえ、8回にヘチョンが登板。2アウトまではとんとんと行ったが、その後、ヒットと四球2つで満塁。ここで細谷に左中間に走者一掃ツーベースを打たれて9対7。やっぱりヘチョンだ。かなり雲行きが怪しくなった。しかし、代打今岡はショートゴロ。2点差で最終回。
9回裏はデラクルス。いきなり清田の際どい内野安打でランナーを背負い、さらに神戸が四球で無死1-2塁のピンチ。しかし続く青野の打席の時に清田が、デラクルスのボールをキャッチャーの中村が弾いた際、中途半端に塁から飛び出し、挟殺されて一気にロッテの勢いがしぼんだ。デラクルスが後続を断って、2点差逃切りで勝利。

ロッテは拙攻だったし、4失策で守備もボロボロ。そこにつけ込んで勝った形。しかし、高木は、去年、チームの救世主だった頃のいいイメージが全然ないねえ。そのうち復活してくるんだろうと思ってたが、今日見た感じだと、復活するにしても、相当先のことみたいだ。
2回にユウイチがツーベースを打って、1塁を廻った所で足を痛めたぽかったのと、9回に川端が、内野安打で1塁へ走り込んだ時に、ファーストと交錯して、これも足?を痛めたぽかった(相当痛がっていた)のが、ちょっと気がかり。二人とも、そのまま試合に出続けてたから、大事はないんだろうとは思うが。
高井のホームランは3号だったらしい。1号は見ているから、2/3見てるわけだ。相性がいいのかもしれん(^^;。
20100701fukei
20100701seibi
20100701end

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(6/23) | トップページ | 感想「比較言語学入門」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48770093

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/1):

« セリーグ ヤクルト対巨人(6/23) | トップページ | 感想「比較言語学入門」 »