« J1リーグ第13節大宮対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対清水 »

セリーグ ヤクルト対阪神(7/18)

2010.7.18(日) 18時 神宮

オールスター前最後の神宮開催試合。さすがにここは行っとかないと、という感じで久々に。
20100718fukei
ヨシノリ先発で、初回に2死後、四球・死球・死球で満塁にした時は、どうなることかと思ったけど、金本を打ち取って切り抜けたら波に乗ったようで、6回まで、走者は出しても崩れることなく、安定した投球で無失点。
打線は阪神先発のメッセンジャーに対して、4回に飯原がヒットで出て、続くホワイトセルのライト線の当りを、マートンがもたつく間に飯原が一気に生還して先制。相川がタイムリーで続いて2点先行。
6回裏には青木とヒロヤスの連打で無死1-3塁にしてクリーンアップだったんだが、飯原内野フライの後、ホワイトセルがライトへ打ち上げ、やや浅いけど青木の足なら犠飛になるかなと思ったら、マートンからダイレクトで好返球。ガイエルも凡退で点にならない。これで流れが一気に変ったな。
7回表にブラゼル・金本の連打でいきなり無死2-3塁。1死後、代打林に左中間にスリーベースを打たれて同点。桧山四球の後、鳥谷内野ゴロの間に1点入って逆転。平野のタイムリーツーベースでもう1点。とどめが、代わった増渕からのマートンのライトへのツーランで、一気に2対6。
それでもその裏、阪神のリリーフを攻めて青木が葛原から2点タイムリーで追いすがったが、8回表に押本が城島に一発食らって3点差。8回裏にガイエルのツーベースは出たものの、無得点で終わったんで、見切って帰ろうとしたが、9回表に未見のナベツネが出てきたので、そこまでは付き合うことにした。でも打者3人に2安打打たれて、あっさり橋本に交代。で、橋本がマートンにツーベースを打たれて、もう1点入った所で撤退しちゃった。阪神はその後、まだ点を取って、結局4対11で終了したようで。なんとなくマートンの自作自演ぽい試合だった気がするな。
20100718end
7回、2対3までならともかく、6点まで行かれてしまったところが、ヨシノリ(と増渕)が、やっぱまだダメな所だな。歯止めが利かないっちゅうか。
阪神3連戦を負け越しちゃったから、これでオールスター前をきっちり終るには、次の巨人3連戦で勝ち越さないといけなくなった感じ。どうだろうなあ。
20100718yuhi

|

« J1リーグ第13節大宮対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対清水 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48913992

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(7/18):

« J1リーグ第13節大宮対名古屋 | トップページ | J1リーグ第14節名古屋対清水 »