« JFL後期第1節横河対ジェフR | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/7) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/6)

2010.7.6(火) 13時 戸田

久々にバックネット裏2階席で見ていた。

先発が一場だったんで、まともな試合にはならんだろうなと思ったが、予想外に好投。初回、2死1塁から田中に右中間へ打たれた飛球が失点になってたら、ガタガタ行ったかも知れないが、松井淳のダイビングキャッチに救われた。その後は、3回までスイスイ。3回裏、死球の荒木を置いて、巨人先発・野間口から野口がレフトへツーランで先制。
しかし、直後の4回、一場は亀井にライトへ打ち込まれ(なんで亀井がこんなとこに居るんだよ)、田中のスリーベースを矢野に返されてあっさり同点。やっぱ一場かなあと思ったけど、ひきずらなかったな。その裏、2死から中村が四球で出て、荒木と野口の連打で還り、また勝ち越し。5回裏には中尾のライトへのホームランが出て、野間口はこの回までで降板。時々混じる甘い球を、うちの打線がよく打っていたと思う。
一場は7回に、ややアンラッキーな当りも絡んで、1死2-3塁とされ、加藤の犠飛で1点失ったが、7回3失点で交代。制球が安定していて、大崩れする場面もなく、今まで一場を見た中じゃ、いちばんいい出来だったんじゃないだろうか。
ただ、今日の問題は、一場の後を受けたピッチャー。8回に登板した萩原(もしや今季初登板?)が、2死取った後、四球とツーベースで2-3塁にされた後、円谷に2点タイムリーツーベースを打たれ逆転。9回に登板した橋本も、2死1塁から、四球、四球、ヒットでもう1点失った。打線は、6回以降、中里、上野、金刃、ロメロの投手リレーに押さえ込まれて追加点なく、4-6の逆転負け。つまらん。

思いがけず一場の好投が見れたのは良かったけど、続くのかな。続くようなら、1軍は見えると思うんだが。(去年の高木がそんな感じだったと思う)
20100706fukei
20100706board
20100706end

|

« JFL後期第1節横河対ジェフR | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/7) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/48817458

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/6):

« JFL後期第1節横河対ジェフR | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(7/7) »