« セリーグ ヤクルト対阪神(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/28) »

J1リーグ第14節名古屋対清水

2010.7.24(土) 19時 瑞穂陸上競技場

 名古屋グランパス 3(2−1)3 清水エスパルス
           (1−2)

 得点 9分 名古屋・玉田
    24分 清水・ヨンセン
    45分 名古屋・玉田
    68分 清水・岡崎
    76分 名古屋・金崎
    79分 清水・ボスナー

JSPORTSの録画中継の録画。次節の湘南戦の前には見ていた。

大宮戦にくらべると、前へ出て点を取りに行こうという意識が強く感じられて、やれば出来るじゃん、もしかしてブルゾが居ないからかな?、とか思った。そういう中でジョシュア→金崎→玉田で先制して、さらに押し続けてる間は良かったけど、いったん守勢に回ると怪しかったな。決定的な場面を次々作られ、ヨンセンに同点ゴールを決められた後も結構やばかった。ひっくり返されてもおかしくなかったと思うけど、なんとか持ちこたえて、前半のラスト、エアポケットみたいな時間に、マギヌン→阿部→玉田で勝越し。
後半に入ると、清水のペースが落ちたぽかったから、玉田がPKをきっちり決めて、2点差にしてれば、多分勝負はついてたと思うんだが…。PK失敗で清水が息を吹返したぽかったし、その結果が岡崎の同点ゴール。
その後、金崎がドリブルから決めた勝越し点は、ああいうのを決めてくれよ、とずっと思ってたようなゴールだった。でも、すぐにCKからボスナーに決められて、決勝点にはならずじまい。結局引分け。

ボスナーにやられたCKの時の玉田→アレックスは無駄な交代だった。あのタイミングでこの交代をすることに、何の意味があったんだか。
それでも、金崎はいい出来だったし、ツリオ以外で点も取れたし、相手が2位チームということを考えたら、まあまあ良かったのかもしれない。かなり押されていて、逆転されてもおかしくない展開もあったんだから。もっとも、現場で生で見てたら、とてもそうとは思えなかっただろうけどな。
(2010.7.29)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/28) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49127744

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節名古屋対清水:

« セリーグ ヤクルト対阪神(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/28) »