« 感想「顔のない男」 | トップページ | J1リーグ第16節横浜対名古屋 »

感想「ライノクス殺人事件」

「ライノクス殺人事件」 フィリップ・マクドナルド 創元推理文庫
結末が最初で発端が最後とか、随分技巧的な作品のような惹句が書かれていたが、それほどでも。この時代にしては、というのはあるのかも知れないが、これくらいは (少なくとも今は)普通にあるよなというのが実感。ただ、冒頭の異常な出来事を、うまく納得させる締め方ではあったかな。
話の成行きは容易に予想がついたが、そもそも薄くて、あっさり読めてしまったので、それほど気にならず、まあそんなもんだろうなという感じではあった。後半の中心になるサブプロットの気楽さも含め、軽いサスペンス小説という所か。

|

« 感想「顔のない男」 | トップページ | J1リーグ第16節横浜対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49145307

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ライノクス殺人事件」:

« 感想「顔のない男」 | トップページ | J1リーグ第16節横浜対名古屋 »