« J1リーグ第15節名古屋対湘南 | トップページ | 感想「ライノクス殺人事件」 »

感想「顔のない男」

「顔のない男」 ドロシー・L・セイヤーズ 創元推理文庫
創元推理文庫のピーター卿の事件簿2巻目。
ピーター卿が探偵役の短篇数篇と、実際の殺人事件を考察した文章が一篇と、探偵小説論が一篇。
1巻の方の内容をまるで覚えてないが、これだけ読むと、ピーター卿ものの短篇は、特定の様式を持たずに、その時々で好きなように書かれているように思える。名探偵ものというより、作家が好きなキャラクターを自由に活躍させている小説という感じだ。内容も、必ずしも推理物じゃないし。だから物足りない、ということはなくて、作家が楽しんでいる気分が伝わってくるような気がする。中ではピーター卿が2人出現する話(「趣味の問題」)が面白かった。
探偵小説論はかなり興味深い。よく分析されていると思う。時期が古過ぎて、今の目で見ると、扱われている範囲が狭過ぎるわけだが、それは仕方ない。

|

« J1リーグ第15節名古屋対湘南 | トップページ | 感想「ライノクス殺人事件」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49145295

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「顔のない男」:

« J1リーグ第15節名古屋対湘南 | トップページ | 感想「ライノクス殺人事件」 »