« 都市対抗野球1回戦バイタルネット対大和高田クラブ | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対中京大学 »

トップリーグ第1節東芝対三洋電機

2009.9.3 19時半 秩父宮 

 東芝ブレイブルーパス 7-12 三洋電機ワイルドナイツ

トップリーグ開幕戦。去年と同じカード。
開幕の挨拶に出て来た森喜朗が、去年よりひとまわり縮んだような気がしたのは、気のせいか?(^^;)

試合は東芝が攻めて、三洋が受けるというイメージで始まった気がするんだが、東芝が全く波に乗れず、反則を繰返す間に、三洋がPGで着々と得点を重ね、試合の主導権も握っちゃった。ここまで何も出来ない東芝ってのも珍しい。三洋が集中力で大きくまさってたという感じ。無理にトライを取りに行かず、手堅い試合運びをしたあたりも、戦略勝ちだろう。
12対0で残り1分を切った所で、東芝のヒルがトライとゴールを決めて12対7に追いすがったが、それがほぼラストプレーだった。試合後の倒れっぷりを見ると、勝った三洋もかなりギリギリだった感じ。ヒルのトライも、三洋のディフェンスがもう力尽きていたんだろうな。暑かったからねえ。そういう意味でも、三洋の戦略は賢かったと思う。

まあ、始まったばかりなんで、この先どういうシーズンになるかは、まだ何もわからん。去年も開幕戦は三洋が東芝を下したけど、結局プレーオフを制して優勝したのは東芝だったわけだし。
それを考えると、こういう形態(1回戦総当り)のリーグ戦で、最後にプレーオフがあるという形は、それなりに妥当性がある気がする。そうでないと、開幕したばっかりの試合結果で、実質シーズンの優勝が決まってしまう、というようなことになりかねない。
20100903board

|

« 都市対抗野球1回戦バイタルネット対大和高田クラブ | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対中京大学 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49344375

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第1節東芝対三洋電機:

« 都市対抗野球1回戦バイタルネット対大和高田クラブ | トップページ | 天皇杯2回戦 名古屋対中京大学 »