« トップリーグ第2節クボタ対NEC | トップページ | J1リーグ第22節山形対名古屋 »

トップリーグ第2節東芝対NTTコミュニケーションズ

2009.9.11 19時 秩父宮 

 東芝ブレイブルーパス 33-28 NTTコミュニケーションズ
                シャイニングアークス

NTTが虐殺されるんだろうなと思っていたから、普通なら行かない試合だったが、トップイーストですっかり馴染んじゃったチームのトップリーグ関東初陣なので、行ってやろうかという気になった。
NTTの応援が随分様変わりしていた。でぃ〜ふぇんすNTT、という掛け声が、BフレッツNTTに聞こえて(^_^;)

試合は開始5分に、びっくりNTTが先制しちゃった。ジェラードの個人技ぽいトライ。東芝は先週同様、いまいちヘタレな出来で、しょうもないミスを繰返す。それでも地力の差は明らかで、12分から24分までに力の差を見せる3トライで19対7。このままズルズルかなと思ったが、38分にジェラードのハイパントを東芝がキャッチミスした所にNTTの11番(友井川)が詰めて、トライまで持っていってしまい、19 対14で折返し。さらに後半11分には東芝の裏へのキックパス(蹴ったのは君島じゃないかと思ったんだが)に、また友井川が走り込んでトライ。難しいコンバージョンも君島が決めて19対21と逆転。
いやー、本気でNTTを応援しちまったよ(^^;)
ただまあ、そこからがやっぱり東芝の地力で、20分にラインアウトからモールでゴリゴリやって逆転。ヒルもさすがに難しいコンバージョンを決める。 26分にはNTTがシンビンで一人欠け、28分にはまたラインアウトから東芝が押し込んで33対21。NTTも頑張ったけど、ここまでかと思っていたが、38分にジェラードが、疲れて足が止まりかけた東芝ディフェンスを切裂き(と言うしては、ジェラードも疲れ切ってて、だいぶヨタっていたけど)、トライを決めた。試合はこのまま31対28で終ってNTTは負けたが、7点差以内だし、4トライで勝ち点2のお土産が付いた。これは後で効いて来るかもしれん貴重な勝ち点だと思う。よく頑張った、いい試合だったと思う。

東芝がスロースターターなのは恒例のような気もするけど、今年はちょっと重症かも。大野が控にもいなかったが、三洋戦の途中交替は怪我だったのかな。
そういやあ松田が出場して、また最年長出場記録を更新していた。今季はずっと更新し続けるわけかな。
20100911board3

|

« トップリーグ第2節クボタ対NEC | トップページ | J1リーグ第22節山形対名古屋 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49443674

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第2節東芝対NTTコミュニケーションズ:

« トップリーグ第2節クボタ対NEC | トップページ | J1リーグ第22節山形対名古屋 »