« 感想「幕府天文方御用 伊能測量隊まかり通る」 | トップページ | J1リーグ第23節名古屋対横浜 »

セリーグ ヤクルト対中日(9/18)

2010.9.18(土) 18時 神宮

久々のプレイボールから、だったかな。
20100918fukei
20100918board
先発の館山は制球に苦しむ立上がり。2回にはブランコに一発を食らって先制される。それでも要所は抑えて、追加点を許さない。
打線は山本昌からヒットを打ちながら、併殺、盗塁死と拙攻の連続で、全く褒められたもんじゃなかったが、4回に四球、死球、暴投、犠飛でノーヒットで追い付いちゃった。犠飛の後、落合がライトの野本を速攻で藤井に代えちゃったのは、本塁への返球にちょっと手間取ったという判断か? 確かに素早く返してたら、三走は畠山だったから、スタートを切らなかったかも。でも、そうだとしたら、厳しいねえ。しかもこれがある意味、その後の伏線になったのかもしれない。
5回、2死の後、青木が内野安打で出塁(しかし3回に受けた死球の影響が残ったらしく、足を引きずっていたし、この回で退いちゃったぞ。大丈夫か)、慎也のツーベースで2-3塁。続く畠山の当りはライト線ギリギリ。藤井がダイビングキャッチに行って、大きくファールグランドへ弾く。1塁塁審の判定はフェアで2者生還し逆転。落合が飛び出して来て、暴言で退場。
前の回の伏線がなければ、藤井も無理に飛び込んでなかったんじゃないかとか、落合もあんなに血相変えなかったんじゃないかとか、いろいろ考えられる場面だったな。そもそも、ほんとにフェアだったかどうかは、すぐ前だったけど角度があったから、よくわからんかった。印象としては、藤井が飛び付かなかったら、ファールグランドに落ちてた気がする。ジャッジが正しかったとすれば、藤井がボールがフェアにいる間に飛び付いたせいで、フェアになっちまったんじゃないのかな(^^;)
中日はこれで終っちゃった感じだった。うちも6回に福地のタイムリーで1点追加したが、もう2点くらい取れてていい場面で、相変わらず拙攻。それでもようやく8回に噛み合った攻撃が出来た。相川のヒットを川端が送って、ヒロヤスがタイムリースリーベース。さらに武内がタイムリー。6対1にして、最後は8回2死から出たマツケンが、そのまま締めくくった。
20100918end
なんか変な試合、という印象で見てたけど、最終的には、うちの快勝になったかな。

|

« 感想「幕府天文方御用 伊能測量隊まかり通る」 | トップページ | J1リーグ第23節名古屋対横浜 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49497576

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(9/18):

« 感想「幕府天文方御用 伊能測量隊まかり通る」 | トップページ | J1リーグ第23節名古屋対横浜 »