« J1リーグ第24節清水対名古屋 | トップページ | 感想「地図の政治学」 »

セリーグ ヤクルト対中日(9/26)

2010.9.26(日) 18時 神宮

青木の200本安打を見逃すのはやばいと思って、珍しく気合いを入れて、早めに出かけた(^^;。
20100926fukei
しかし、プレイボールに合せたかのように雨が落ち始めた。
多分、それとは関係なく、先発由規はヨロヨロの立上がり。先頭の荒木が四球。藤井に送られ森野タイムリーであっさり先制を許す。その後も2四球で2死満塁とするが、なんとか踏ん張って1失点に止めた。
中日先発は中田で、こちらも出来は…(^^;)。先頭の青木がいきなりライトへホームランで同点。これで今季200安打を達成。
20100926aoki
さらにヒット、四球、ヒットで無死満塁。飯原三振の後、慎也がライト前に運んで(デントナ二封で記録はライトゴロか?)1点追加、逆転。
2回は双方無得点。そこで雨が激しくなり試合は中断。このまま中止だとノーゲームで、青木の200安打はやり直しということに…(^^;)。かなり不安な状況だったが、30分の中断で再開。その後、試合は妙にサクサク進んだ。うちはともかく、中日も(^^;)。雨は時折少し強くなったりもしたが、再中断はなく2対1のまま5回表を終えて試合成立。めでたしめでたし。
そこで帰ってもいいかと、少し思ったが(^^;)、9時前までは見ていくことにした。そしたら6回裏に慎也がチェンからレフトへホームランで3対1。
そのまま7回が終って、帰りかけたが、8回表を由規がサクサク三者凡退に切って取って、あっさり終っちゃいそうに見えてきたので、最後まで見てく気になっちゃった。由規は2回以降、よく持ち直した。長い中断もあって、難しかったと思うんだが。成長が感じられるな。結局2回2死から荒木にセンター前に打たれた後はパーフェクトピッチングだった。まあ、うちも3回以降は慎也のホームラン以外はノーヒットだったんだけどね。ある種、消化試合のような淡白さではあった。
で、最終回は林昌勇が締めて勝利。
20100926end
雨は試合終盤はほぼ止んでたが、青木のユルい(^^;)ヒーローインタビュー(青木は、このユルいとこがいいと思う)の最後の方でまた降り始めた。いいタイミングだったかな。

|

« J1リーグ第24節清水対名古屋 | トップページ | 感想「地図の政治学」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49590917

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(9/26):

« J1リーグ第24節清水対名古屋 | トップページ | 感想「地図の政治学」 »