« J1リーグ第22節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/14) »

交流戦 ヤクルト対群馬ダイヤモンドペガサス

2010.9.14(火) 13時 戸田

BCリーグ群馬との交流戦。ちなみにこれが、アナウンスされている試合としては今季最後の戸田開催だったらしい。先週末の湘南戦でファン感みたいな企画をやってて、まだリーグ戦終ってないのにな、と思ってたが、そういうことだったか(残り試合は全部ビジター)。全然気付いてなかったよ。
20100914fukei
20100914flag
試合はちょっと出遅れて、1回裏半ばからの観戦。うちの先発は育成の塚本で、3回まで投げてパーフェクト(らしい。1回は見てないので)と、素晴らしい出来で、やっぱりそうでなくちゃという感じ。4回は育成のフェルナンデス(確か初見)で、球は速いが制球が安定せず、2四球は出したものの無失点。
ここまではまあまあOKだったが、5回に登板した岡本が6回にポコポコヒットを打たれ、4安打2失点。7回登板の西崎も、バックの守備のミスが絡んだにしても、同じく4安打で2失点。育成の2人より支配下の2人の方がダメってのは、やはり気持ちの問題もあるのかなと思った。8-9回を投げた、この2人より序列は下と思われる山田も、ヒットは打たれたが、きっちり切り抜けたし。

野手の方も問題があって、つまらない守備や走塁のミスは多いし、打てないし。群馬は2回1回単位で投手が代わるんで、みんな思い切り投げてくるから、気合負けしていた感有り。見てると、甘い球が結構あったりもするんだけど、打てないんだよな。ここでも曲尾(育成)と高井という、崖っぷちに近い2人だけが2安打だったというのが象徴的かもしれんね。
20100914board
試合は0対4の完封負け。メンバー的に最弱レベルの編成とはいえ恥ずかしい(^^;)
群馬は快勝に値する試合をしてたと思う。まあ、今日はプロへのアピールという気持ちがあっただろうし、日頃のリーグ戦と別物ではあるんだろうけど。ちょっとパワー不足かな、というのを感じたが、その辺は先日見た都市対抗に似ていたかもしれない(都市対抗も強豪チームは全然違うだろうけどね (^^;))。たとえばBCリーグの新潟とバイタルネットは、どっちが強いんだろうか。

なにはともあれ、今年も戸田での観戦はこれで終了かな。
20100914end

|

« J1リーグ第22節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/14) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49449893

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対群馬ダイヤモンドペガサス:

« J1リーグ第22節山形対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(9/14) »