« 感想「観戦論。」 | トップページ | トップリーグ第1節東芝対三洋電機 »

都市対抗野球1回戦バイタルネット対大和高田クラブ

2010.9.1(水) 14時20分 東京ドーム

バイタルネットは40年ぶりの新潟からの都市対抗出場チーム、ということで見に行った。スワローズが絡まない野球の試合を見に行ったのはかなり久々だし、プロ野球以外の試合を球場でまともに見るのは初めてじゃないか、っつーぐらいで…。いやー、異様な雰囲気だったな(^^;)
第1試合が長引いて、プレイボールが20分遅れの14時20分。バイタルネットの応援受付に40分くらい並んで入場。バイタルネット側に並んだ観客の数自体、結構多かったみたいで、応援席は外野の際まで埋まっていた。大和高田は半分から三分の二くらい。バイタルネットは応援の仕切もかなり不慣れな感じだったなあ。

試合は投手戦というか貧打戦というか。噛み合った試合だったのは確か。1回表の3四球以外は、双方ピッチャーの制球が安定していて、守備も手堅かった。外野手の頭上を超えるような大きい当りは1本もなかった。中盤以降は好機は作るものの、決定打が出ない。バイタルは8回、9回、大和高田も9回に、3塁までランナーを進めるがきわどく凌がれる。0対0で延長突入。
10回も点が入らず、1死満塁から始まるタイブレークで11回。表のバイタルは先頭打者がスクイズを狙ったがファール連発で結局三振、次打者も内野ゴロで無得点。裏の大和高田もバイタルのバッテリーが先頭打者のスクイズを外して、飛び出した三走をアウトにし、凌いだかと思ったが、直後にレフト前へ打たれてサヨナラ負け。惜しかった。それにしても、終盤は異様に盛り上がる試合になったな(^^;)

しかし、球場へ向かった時は14時開始で16時上りくらいかなと思ってたのに、終ったら17時回ってたよ。
20100901encho
20100901end

|

« 感想「観戦論。」 | トップページ | トップリーグ第1節東芝対三洋電機 »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49317366

この記事へのトラックバック一覧です: 都市対抗野球1回戦バイタルネット対大和高田クラブ:

« 感想「観戦論。」 | トップページ | トップリーグ第1節東芝対三洋電機 »