« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

J1リーグ第28節名古屋対C大阪

2010.10.30(土) 13時 豊田スタジアム

 名古屋グランパス 1(1−0)0 セレッソ大阪  
           (0−0)

 得点 名古屋・ケネディ(PK)

今年初めて行ったトヨスタ。台風にヒヤヒヤしながら出かけた。雨がザバザバ降る中、東京を出たが、豊田に着いてみたら、曇ってはいたが、雨は上がってるし風もなく、全然問題ない天気。

前節故障したツリオの代りは千代反田で、金崎の代りは小川。まあ、順当。
おおむね優勢には試合を運んでたと思うんだけども、セレッソは家長のイヤらしい球出しから好機を何度か作っていて、そんなに楽観出来る展開ではなかったな。名古屋も押してる割には最後の所で粘られて、決定機を作れてなかったし。
でも、前半半ばに阿部が左からクロスを上げると、ゴール前でジョシュアとセレッソのDF(上本?)が絡んで倒れ、これがPK。結構ラッキーだったかも。ジョシュアが自分で決めて先制。
後半序盤、セレッソが前線の選手を入替えて、前からガシガシ、プレッシャーを掛けて来た時間帯は、ちょっと危なかったが、そこを凌ぐと、前半と同じような、攻めてるけど攻め切れない、時々セレッソにチャンスを作られるという展開に戻った感じ。ただ、スコアは入らないけど、ボールを競る動きが多くて、あんまりまったりした感じにならず、緊張感が持続してたと思う。というか、セレッソが割と簡単にボールを失ってくれるので、決めなきゃいけない好機を度々作れていたんだけど、逃し続けていたから、こういう展開は最後は結局やられるんだよなあ、と思ってヒヤヒヤしてたというべきか(^^;)。
終盤に掛けては、セレッソの猛攻を受ける場面もあったが、楢崎やゴールポストのファインセーブで凌ぎ続けた。あと、今日は増川がツリオの分まで凄く頑張っていたと思う。千代反田は、特に前半、ちょっと危なっかしさがあった感じ。
残り10分を切ったあたりからは、老獪な逃げ切りプレーを連ねて、1対0勝利。渋いけど大事な勝ちだったな。そういやあ、千代反田が先発したJリーグの試合で初めて勝ったな。これもでかい(^^;)

しかし、巻がベンチに入ってたが、ああいう使命(試合後、ツリオのユニを着て盛上げた)のためだったとは(^^;)
20101030board
20101030cerezo
20101030back
ちなみに今節は、鹿島もガンバも負けたみたいだな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「失点」

「失点」 楢崎正剛 幻冬舎新書
つい最近まで、こんな本が出てることを知らんかった。6月に出た本だから、ワールドカップへ向けて企画されたんだな。ナラがあんな目に遭わされるとも知らず…。まあ、本の中で本人は、出られるかどうかわからんと書いて(語って? 多分、ゴーストライトだろうし)はいるけどな。
割にちゃんとした中身のある本だったという感じ。薄い新書とはいえ。生立ちを振返り、フリューゲルスを回想し、自身が理想とするゴールキーパー像について語り、グランパスで優勝したいと言っている。変に気張ったところもなく、いかにもナラらしい感じ。
ナラを優勝させてやりたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「エラリー・クイーン論」

「エラリー・クイーン論」 飯城勇三 論創社
タイトル通り、エラリー・クイーンの作品について考察した本。
ていねいに順序立てて論理を組立てているので、論旨が明快で、頭によく入るし、確かにそうかもしれないと思わされる。

それにしても、「ギリシャ棺」のような、一般的に代表作と考えられているとは思えない作品の推理について、複数の人物が、公刊された出版物(同人誌っぽい枠組みの中の出版ではあるにしても)の中で論じていて、論争が出来るってのは、ある意味、凄いことだな。笠井や法月等、他の評論は読んでいないから、彼らの主張に対する本書の著者の主張がどこまで妥当なのか、実際にはよくわからないと言うしかないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ナイト・アンド・デイ」

久々に見に行った映画。キャメロン・ディアスとトム・クルーズが主演のアクションもの。同僚にハメられて組織に追われるエージェントのトム・クルーズが、通りすがりのキャメロン・ディアスを逃走に利用したことがきっかけで、二人揃って組織に追っ掛けられることになる話。
ストーリーは突っ込み所満載のグズグズな代物だが、作る方もそれを承知で作ってる感じ。敵に捕まって、どうやって脱出したのか、わかんないような場面は、キャメロン・ディアスが薬を盛られて寝ている間に、スーパーエージェントのトム・クルーズが何とかした、みたいな調子だし。まあ、この二人の主演映画なら、たいがいそうだろうなと思って見てるから、腹も立たないし、そもそも、キャメロン・ディアスが出るバカ映画を見たくて行っているので、この展開は期待通りとすら言えなくもない(^^;。シリアスな映画を見に行ってるつもりは全くないんで。笑えて、充分愉しかった。
キャメロン・ディアスのキレっぷりは相変わらずだったが、さすがにちょっとパワーは落ちているかな。疲れた感じの場面で、アップになると、歳を感じさせる表情になるのが切なかったりする。でも、どんだけ歳を取っても、こういう映画には出続けて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第27節神戸対名古屋

2010.10.23(土) 19時 ホームズスタジアム

 ヴィッセル神戸 1(0−2)2 名古屋グランパス  
          (1−0)

 得点 名古屋・玉田
    名古屋・ダニルソン(FK直接)
    神戸・ポポ

NHKBSの生中継。

5分の玉田の先制ゴールまではよかったが…。というか、ロングボール起点のカウンターとはいえ、ハユマのクロスにゴール前に飛び込んで合わせた玉田が、あそこまでドフリーってのは(^^;。
ただ、先制してて、それなりに攻撃の形も作っている割に、ミスから攻め込まれる場面が目立って、見ててあんまり安心出来なかったな。神戸に決定的場面も何度か作られて、相手が先週の新潟ならひっくり返されてたな、という感じ。ボッティが序盤に故障したのに助けられた面もあったかも知れない。それでも30分にダニウソンのすげえ直接FKが決まって、2点差にしたから少しは気が楽になったが。
後半、少し流れが良くなったかと思ったが、10分過ぎに金崎がドリブルで切れ込んで体勢を崩しながらシュートした後に倒れ込んでバツ。足を痛めた(全治3週間)。しかし、そこで代りがブルゾか…。20分にはマギヌンを杉本に代えて、これでもう点は入らねえな、という気がしていたのに、24分に左サイドからクロスを入れられ、ポポに決められる。なんか、ポポも天敵っぽいやつだよなあ。1点差で、先行き怪しくなってきた。
それでも神戸優勢な以降の試合展開をしのいで、40分に逃切りのために玉田を千代に代えたと思ったら、直後にツリオが足を痛めて、まともに動けなくなった(全治2週間)。ツリオを前線に上げて、守り倒す試合運びでなんとか逃げ切る結末。

新潟戦よりはマシだったと思うが、守備面の不安定感は残っていたと思う。相手が神戸だから勝てた試合だったような気がする。
とはいえ、ツリオの故障は、もの凄く痛い。長引かなければいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第26節新潟対名古屋

2010.10.17(日) 16時 東北電力スタジアム

 アルビレックス新潟 4(3−1)1 名古屋グランパス  
            (1−0)

 得点 新潟・マルシオ リシャルデス(FK直接)
    名古屋・ケネディ
    新潟・三門
    新潟・大島
    新潟・マルシオ リシャルデス

リーグ戦未勝利スタジアムのビッグスワン、未勝利地の新潟(96年の市原戦を含めて)。負けがデフォルトの試合かな、とは思っていたが…。

よく晴れていたのに、キックオフ直前に雨がぱらつき始めて、バタバタした。しばらくして止んだけれども。

立上がりはちょっと押し込んでたと思うが、パスミス、トラップミスが多発して、流れを掴み切れない。雨の影響? にしては、新潟にはそういうミスが少なかったように見えた。
新潟は名古屋のミスをきっちり突いてくるサッカー。気が付くと、新潟が試合の主導権を握っていた。30分過ぎ、中盤のパスミスから攻め込まれ、ペナルティすぐ外で新潟にFKを与える。これをマルシオに決められて、先制される。またかい。
それでも今年はやっぱりひと味違うのかもと一瞬思ったのは、すぐ後に新潟ゴール前に分厚く攻め込んで、ジョシュアのゴールで追い付いたからだ。でもそれが過大な期待だったのがすぐ分った。40分くらいに左サイドを攻め込まれ、ゴールラインギリギリで競ってる中から、ミシェウに中央へ折返されると、ゴール前で三門に決められて、また先行される(ミシェウも三門も見事なプレーだったけどな)。さらに続けて、速くて組織的なカウンターから、大島に決められ1対3。すっかりビッグスワンでのいつも通りの展開に。
後半、序盤は攻めたが、得点ないまま、ミスからカウンターを食らい、あわやというところで直志がファールで止めて警告。この日2回目で退場(1回目は最初の失点のFKの時だったかな)。これでほぼ名古屋に勝てる見込はなくなった感じ。以降はほぼ一方的に押される展開が続き、後半半ばには、またパスミス起点に、マルシオに決められ、決定的な4点目(それにしても、綺麗にコースを狙ったいいシュートだった)。最後の方で少し攻め込む場面はあったが、凌がれて1対4のまま終了。結局、いつも通りの結果。

名古屋は内容的にも、多分今季最悪の試合だったな。運がなかったとか、そういうことでは全くなくて、純粋にヘボかった。このスタジアムに来ると、どうしていつもここまでヒドい試合をしちまうのか。相性ということなのか? ただ、今季のJ1に、この日の新潟みたいに、分厚くて速いカウンターを仕掛けて来るチームが他にあんまり居ない(川崎くらいかな。川崎には等々力でぼろ負けしてる(-_-#))のも確か。要はそういうチームにかかれば、相変わらずイチコロだということで、そういうチームが今季のJ1に少ないのが、チーム好調の理由の一端なのか? だとすれば、やっぱり今年は追い風が吹いてるわけで、これで優勝しなくてどうするよ、という感じではある…。
今日の新潟(特に攻撃的な選手)が、素晴らしい出来だったのも確かだけど。マルシオ、見事なプレーっぷりを見せてくれたけど、見せてくれなくても良かった。故障から復帰するのは、次節からにして欲しかったよ。
20101017board
20101017flag
20101017bow
ちなみに目下話題のハードオフエコ新潟スタジアム。来年、どうなるんだろうね。
20101017hardoff

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「ガツン!」

「ガツン!」 ニック・ホーンビイ 福音館書店
ホーンビィの小説の久々の(だと思う)邦訳(原著刊行2007年、邦訳は2009年)。でも、普通の?小説ではなく、15-6歳の少年を主人公にしたYA小説。主人公が、ガールフレンドをうっかり妊娠させちまって大騒ぎという話。
少年の世界が舞台なだけに、いろいろなことが、かなり単純化してはいると思うが、主人公の在り方は、今までに読んだ小説とほぼ同じような気がする。ドジなところ、ぶざまな慌てっぷり、卑怯になろうとするがなりきれない中途半端なところ、そのせいで、全てが理想的に運びそうになっても、結局、うまく行かなくなってしまうが、かといって、壊滅的にダメになってしまうわけでもなく、中途半端な所で(そこがリアルではあるが)人生が続いていくところ。
というより、ホーンビィのいつもの小説の主人公が、30代であるにもかかわらず、メンタル的に10代の少年と、あんまり変わらないということなのかもしれない。
ホーンビィのいつもの小説を愉しめる読者なら、YA小説ということは関係なく、これも充分愉しめると思う。

それにしても、帯に「本書にさらりと登場する人物名」というのが書いてあって、ジャスティン・ティンバーレイクとか、キャメロン・ディアスとか、コールドプレイとか列挙されているんだが、別に彼ら自身が登場するわけじゃない。現代のイギリスの少年の世界を描いていると、自然とそういう名前が出て来る、というだけのことだ。そもそも、今までの小説でも、ホーンビィはそういう書き方をしていたし。ほとんど無意味な惹き句だと思う。何を狙ったんだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対広島(10/10)

2010.10.10(日) 18時 神宮

今季最終戦。
20101010fukei
先発の村中の出来が悪くて、初回に栗原のツーランで先制され、その後も小刻みに加点されて、5回5失点。モチベーションを持ちにくい試合だったのは確かだが、ちょっといただけないな。
(というか、翌日の新聞を見ると、奪三振のタイトルを狙って、逆に気合いが入り過ぎてたらしい。あまりにも前田健太と差が開き過ぎてしまったから、もう狙ってないと思ってた(^^;)
それでも打線は、ソリアーノに対して、2回にゲッツー崩れの間に1点、5回に2死から4連打で2点。6回にはアクシデントで退いたソリアーノに代った上野から、川端がホームランを打って1点差に迫り、しぶとい所を見せたが、追いつけずにいるうち、9回表にマツケンが嶋にホームランを打たれて2点差。9回裏2死から川本が四球で出たものの、青木の当りは距離不足で右飛に終り試合終了。
20101010board
あとは最終戦セレモニーと、ユウキと志田の引退セレモニーがつつがなく行われ、今季公式戦全日程終了。
20101010aisatu
20101010shidayuki
いろいろあったが、まあ、悪いシーズンじゃあなかったな。
また来年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「記憶のための殺人」

「記憶のための殺人」 ディディエ・デナングス 草思社
原著は1984年刊行。邦訳は1995年刊行で、「ロマンノワール」という叢書らしい。しばらく前に読んだジャン・ヴォートランの2冊と同じ時期に出ていたらしい。
1961年に、パリでアルジェリア移民のデモが警察に襲われて死傷者多数を出した際、巻き添えのように見える形で殺された男の息子が、20年後に謎めいた殺され方をして、主人公の刑事が捜査に乗り出す話。
探って行くと、ヴィシー政権時代の対独協力に事件の背景があることが分かり、61年の事件も含め、あまりおおっぴらになっていないフランスの過去の汚点をさらけ出すという所に意図がある。タイトルも、その辺に引っ掛けていると思われる。
テーマの重さの割に、主人公の刑事は結構軽いし、全体的にユーモラスなタッチで読みやすい。アンバランスな感じはするけど、重いテーマでも軽みを失わないというあたりが、フランスの小説ぽい面白さではあるのかな。

80年代というのは、そういう過去の汚点を振り返って、未来に伝えようという動きが、日本も含めて、結構盛んだったような気がするが、90年代半ばくらいから揺れ戻しが来ていると思う。フランスも、ブルカ禁止の法案が出来たりしてるのを見ると、偏狭な社会へ向かっているんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「別れるということ」

「別れるということ」 ダン・フランク 中央公論社
原著は91年刊行、邦訳は94年。
「ベルリン強行突破」でのジャン・ヴォートランの共著者の本というので読んでみたが…。結婚して7年経った夫婦が、妻が他に好きな男が出来たと言い出して、そこからごたごたが始まり、結局別れるまでの4ヶ月を、夫の視点から描いたもの。
一方的に振り回される立場の夫の側から見ているので、状況がひどく不条理に見えるし、まともに物が考えられなくなって、堂々めぐりばかりしている夫の感情の振幅に延々と付合うことにもなるから、読んでいてしんどかった。現実はこんなものかもしれないが、小説として読んでて面白いものじゃなかったな。
「ベルリン強行突破」も、登場人物がうじうじ悩んで、まわりくどい場面が結構あった気がするんだけど、その辺がダン・フランクの持ち場だったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇杯3回戦 名古屋対札幌

2010.10.9(土) 13時 瑞穂陸上競技場
観客 3087人 主審 廣瀬格 副審 八木あかね、村上孝治

 名古屋グランパス 2(0−0)1 コンサドーレ札幌 
           (2−1)

 得点 51分 札幌・高木
    61分 名古屋・中村
    88分 名古屋・花井

 名古屋 高木(GK)、田中、千代反田、竹内、三都主、
    小川、中村、マギヌン(90分田口)、
    杉本、玉田(HT巻)、橋本(68分花井)
 札幌 高原(GK)、藤山(90分横野)、吉弘、石川、西嶋、
    三上(68分内村)、芳賀、上里、岡本(77分砂川)、
    高木、宮澤

 警告 名古屋 なし
    札幌 吉弘

見てない試合なので、記録のみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「五番目の女」

「五番目の女」 ヘニング・マンケル 創元推理文庫
久々に出たヘニング・マンケルのヴァランダーもの。前作の数ヶ月後という設定みたいだが、前作の内容を、もうたいがい忘れてる。

冒頭にアルジェリアが出てきて、またアフリカを絡めた小説かと思ったが、イースタ周辺で猟奇的な連続殺人が起きて、ヴァランダーと仲間たちが追いかけるというオーソドックスなパターンの作品だった。もっとも、このシリーズは変則的な展開をたどることの方が多いから、こういう普通の捜査小説っぽいやつの方が、むしろ珍しいかも。
警察側と犯人側の両面から描いて行くので、謎解き的な興味はあんまりない。サスペンス性も、それほど強くないが、それでもミステリとして、すらすら読まされてしまうのは、ルーティンな捜査活動の進展のさせ方・描き方の巧さと、馴染みの出来ている登場人物たちの描き込みが、しっかりしているからだろうな。
捜査が進むにつれて、見えて来るのは女性虐待の問題で、そこの所が本書のテーマ。力がこめられている。

その他、背景として、暴走する自警団とか、社会の閉塞感の問題が描かれているが、今の日本に通じるものがあると感じた。特に上巻の最後の方にあるヴァランダーのセリフは、今の日本の状況そのもののように見える。本書の舞台は1994年のスウェーデンで、そんなに昔の話ではない。要するに、今は世界中でそんな風になっているということなのかもしれない。
「なにが正しくてなにが間違いか、ほかの人に対してなにをしていいか、なにをしてはいけないかという価値基準を変えてしまった。すべてが厳しくなってしまった。多くの人が、おまえのように若い人たちはとくに、自分の国にいながら必要とされていない、それどころか歓迎されていないように感じている。そういう人たちはどう反応するか? 攻撃と破壊だ。恐ろしいことに、いまわれわれが体験しているのは、まだそんな時代のほんの始まりなのではないかとおれは思う」
(2010.10.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対横浜(10/3)

2010.10.3(日) 18時 神宮

20101003fukei2
先発のヨシノリは、相変わらず立上がりが乱調でボール球が多い苦しいピッチング。それでも2回裏に、横浜先発の眞子に対し、ヒットのホワイトセルを置いて、デントナがライトスタンドにぎりぎりで入るホームランを打ち、2-0と先行。さらに飯原のツーベースをとっかかりに川端の犠飛でもう1点。3回にも四球とヒット2本で2死満塁まで攻めるが得点にならない。
ヨシノリはいっこうに安定しない上、バックが足を引っ張り、だらだらした試合展開。4回にはホワイトセルのエラーで出たランナーを、レフト(^^;デントナのまずい守備で返してしまい3-1。しかし5回には、無死2-3塁のピンチで、立続けに打たれた外野フライを、デントナと飯原(ライト)が、立続けに好返球して追加点を許さず。
で、5回終って8時を回っていて、試合終了がどう見ても遅くなりそうだったので、そこで帰って来た。ちょっと、あんまり遅くなりたくない事情もあったもので。
試合終了は9時20分を廻り、結局、6回以降、大したことは何も起きずに3-1のまま終ったらしいから、そこで帰って特に問題はなかったみたい。青木のヒットは結局出なくて、連続試合安打は止まってしまったし、帰宅したタイミングで、家の方では雨が降り始めたし、結果的にいい判断だったぽい(^^;。
20101003board2
20101003mascot2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第25節東京対湘南

2010.10.3(日) 15時 国立

 FC東京 3(2−0)0 湘南ベルマーレ 
      (1−0)

 得点 東京・大黒
    東京・石川
    東京・リカルジーニョ

神宮へ行くついでに見に行った。久しぶりにJ1のベルマーレを生で見てみたかったし。つばくろうも行っていたし(^^;。

立上がりから、攻撃も守備も、あらゆる面で心もとない湘南を東京が一方的に攻める展開だったが、フィニッシュの拙さで得点にならず。それでも37分に石川のCKを今野が落とした所に大黒がうまく入ってとうとう東京が先制。その余韻も収まらない1分後に石川が追加点。これでほぼ試合は決まった感じだった。
でも、後半に入ると、東京の動きがめっきり落ちて、湘南が決定機を度々作れるようになってきた。しかし、湘南のシュートをGKの権田がことごとく止め、84分にはリカルジーニョのとどめのミドルが決まって3-0。

まあ、順当な結果だったと思うけど、東京のGKがもう少しショボかったら、1-2点失っていた可能性は充分あったと思う。さすが代表選出GKってとこか>権田。
湘南は、瑞穂で名古屋とやった時は(テレビでしか見てないが)、もうちょっと可能性を感じさせていたような気がするんだが。居てもよさそうなメンバーがベンチにも居なかったりしたから、そういう問題(故障? 出場停止?)もあったのかな。まあ、ちょっとJ1では厳しい感じのチームだったな。
東京も、勝ったとはいえ、この相手にこの内容か?、という気はした。こちらもメンバーがだいぶ落ちていたけどな。
20101003board1
20101003fukei
20101003mascot

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第25節名古屋対仙台

2010.10.2(土) 16時 瑞穂陸上競技場

 名古屋グランパス 2(0−1)1 ベガルタ仙台 
           (2−0)

 得点 仙台・梁
    名古屋・ケネディ(PK)
    名古屋・小川

久々に行った瑞穂。

立上がり、かなり押して、仙台もバタバタしてたから、あっさり先制出来そうだったんだけど、押込めず。そうすると試合が段々落ち着いてきて、仙台の人数を掛けた守備を崩すのが難しくなっていった。しかも前半半ばには左サイドから中へ折返されたボールが、ゴール正面にフリーでいたリャンヨンギに渡る。当然決められて0対1。前半はその後もさっぱり形が作れず、なんとかシュートまで持って行っても、コースが厳しくて決められない。
後半に入ってもそんな状態が続いてたが、10分過ぎに、ジョシュアが裏に抜け出した所を倒されてPKゲット。自分で決めて同点。このままの状態が続いたら、仙台が守りを固めて、いよいよ厳しくなりそうだなと思った矢先のゴールだった。
追い付いて、仙台が点を取りに前へ出てくればやりやすくなるかなと思ったが、仙台はそんなにやり方を変えて来なかったから、あんまり影響はなかった感じ。攻めてもなんとなく受流され、仙台が守備固めの選手交代を始めると、ダメかな、これは、という感じがし始めた。ついには、玉田を千代反田に代えて、ツリオを前線に上げるギャンブル。でもこれが当った。途中出場した小川がゴール正面で右サイドにはたいてそのままゴール前に突込み、ツリオからのリターンを叩き込んだ。85分過ぎの劇的な決勝ゴール。そういやあ、ビジターもこんなタイミングで、ツリオのクロスからジョシュアが押し込んだんだっけと、後で思い出した。ちなみに1点目がジョシュアのPKなのも一緒か。

試合後のインタビューの時の小川の顔がゲッソリしていて、ゴール裏が延々歌っていた、小川にゴールを要求するチャントが、よっぽど堪えていたのかなと思った(^^;)。日本平でも延々歌われていたし、その前でかなり決定的なやつを二つ外していたしな(^^;)。でもまあ、今日は間違いなくヒーローだったよ。
次のリーグ戦が勝ち点を全く計算出来ない新潟での試合だけに、この勝ち点3はでかいな。
仙台はリャンヨンギ以外の攻撃の駒が、ちょっと足りない感じだったと思う。仙台での試合の時の方が怖かったと思う。ただ、うちの試合運びも、当時よりはだいぶこなれてはいるけど(途中までは、若干疑わしかったけど(^^;))。
20101002board
20101002bow
20101002end

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »