« 感想「失点」 | トップページ | 感想「数学10大論争」 »

J1リーグ第28節名古屋対C大阪

2010.10.30(土) 13時 豊田スタジアム

 名古屋グランパス 1(1−0)0 セレッソ大阪  
           (0−0)

 得点 名古屋・ケネディ(PK)

今年初めて行ったトヨスタ。台風にヒヤヒヤしながら出かけた。雨がザバザバ降る中、東京を出たが、豊田に着いてみたら、曇ってはいたが、雨は上がってるし風もなく、全然問題ない天気。

前節故障したツリオの代りは千代反田で、金崎の代りは小川。まあ、順当。
おおむね優勢には試合を運んでたと思うんだけども、セレッソは家長のイヤらしい球出しから好機を何度か作っていて、そんなに楽観出来る展開ではなかったな。名古屋も押してる割には最後の所で粘られて、決定機を作れてなかったし。
でも、前半半ばに阿部が左からクロスを上げると、ゴール前でジョシュアとセレッソのDF(上本?)が絡んで倒れ、これがPK。結構ラッキーだったかも。ジョシュアが自分で決めて先制。
後半序盤、セレッソが前線の選手を入替えて、前からガシガシ、プレッシャーを掛けて来た時間帯は、ちょっと危なかったが、そこを凌ぐと、前半と同じような、攻めてるけど攻め切れない、時々セレッソにチャンスを作られるという展開に戻った感じ。ただ、スコアは入らないけど、ボールを競る動きが多くて、あんまりまったりした感じにならず、緊張感が持続してたと思う。というか、セレッソが割と簡単にボールを失ってくれるので、決めなきゃいけない好機を度々作れていたんだけど、逃し続けていたから、こういう展開は最後は結局やられるんだよなあ、と思ってヒヤヒヤしてたというべきか(^^;)。
終盤に掛けては、セレッソの猛攻を受ける場面もあったが、楢崎やゴールポストのファインセーブで凌ぎ続けた。あと、今日は増川がツリオの分まで凄く頑張っていたと思う。千代反田は、特に前半、ちょっと危なっかしさがあった感じ。
残り10分を切ったあたりからは、老獪な逃げ切りプレーを連ねて、1対0勝利。渋いけど大事な勝ちだったな。そういやあ、千代反田が先発したJリーグの試合で初めて勝ったな。これもでかい(^^;)

しかし、巻がベンチに入ってたが、ああいう使命(試合後、ツリオのユニを着て盛上げた)のためだったとは(^^;)
20101030board
20101030cerezo
20101030back
ちなみに今節は、鹿島もガンバも負けたみたいだな…。

|

« 感想「失点」 | トップページ | 感想「数学10大論争」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/49898486

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第28節名古屋対C大阪:

« 感想「失点」 | トップページ | 感想「数学10大論争」 »