« トップイースト 東京ガス対サントリーフーズ | トップページ | 感想「背番号1の打撃論」 »

J1リーグ第30節名古屋対大宮

2010.11.14(日) 14時 瑞穂陸上競技場

 名古屋グランパス 2(2−1)1 大宮アルディージャ  
           (0−0)

 得点 名古屋・ブルザノビッチ
    大宮・石原
    名古屋・増川

今年の瑞穂でのリーグ戦最終戦。

ツリオとジョシュア抜き、しかも、ブルゾ先発という三重苦(^_^;)。でも、開始5分、左CKからこぼれたボールに詰めて、先制ゴールを押し込んだのはブルゾだった!(^_^;) 悪かった>ブルゾ。
でも、その後は何気に大宮に流れを掴まれて、やや押され気味になってた感じ。大宮の攻撃は、石原が切れていて、そこにラファエル、李天秀、主税が連携よく絡んでくるから、危なくってしょうがない。しかも前半半ばにブルゾが痛んで退く。巻を交代で投入しようとしているバタバタした時間帯に、李天秀→ラファエルとつながれて、最後は石原に蹴り込まれて同点。あーあ。
しかし40分頃にFKから増川が叩き込んで、再度勝越し。その後、大宮はボランチの李浩が2回目の警告を受けて退場。前半はその流れのまま終ったが、後半、李浩の穴を主税が下がって埋めたことで、大宮の攻撃がペースダウンしたから、かなり楽になった。後半は名古屋が好機を量産。ゴールは一向に決まらなかったものの、引き過ぎて大宮の攻撃を呼び込んでしまうこともなく、後半の後半に登場したアレックスが試合運びをうまくコントロールしたこともあって、きっちり勝利。

川崎が鹿島に負けちまったんで、一気に王手とは行かず、まだ安心は出来ない気分だけど、また一つ山を越えたという感じではあるかな。
20101114board
20101114end


|

« トップイースト 東京ガス対サントリーフーズ | トップページ | 感想「背番号1の打撃論」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50184698

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節名古屋対大宮:

« トップイースト 東京ガス対サントリーフーズ | トップページ | 感想「背番号1の打撃論」 »