« J1リーグ第32節名古屋対東京 | トップページ | J1リーグ第33節磐田対名古屋 »

感想「カーデュラ探偵社」

「カーデュラ探偵社」 ジャック・リッチー 河出文庫
カーデュラもの全短編に、非シリーズもの短篇数篇を加えた短篇集。
もっともカーデュラものの短篇は全て既訳で、他の短篇集に分割で入っているから、あくまでも、まとまってる、というところがポイント。併録の非シリーズもの短篇も「新訳」と書いてあるが、既読感のあるものが多いなあ。確認してないが、どれも「初訳」じゃないね、多分。
まあ、カーデュラものをまとめて読めて、面白かったからいいや。これしか数はないのか、とは思うものの、カーデュラものである必然性ということを考えると、これくらいの数が限界かもしれない。この数の中でも、既に微妙に趣向がかぶっていたりするし。ミステリとしてアイディアが面白いのは「鍵のかかった部屋」、単純に面白いのは「カーデュラの逆襲」かな。
非シリーズものは、特に奇妙な雰囲気が強いものを集めた感じ。
あとはターンバックルものの短篇集が出ないかな。もし全部既読でも買うけどな。

|

« J1リーグ第32節名古屋対東京 | トップページ | J1リーグ第33節磐田対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50426667

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「カーデュラ探偵社」:

« J1リーグ第32節名古屋対東京 | トップページ | J1リーグ第33節磐田対名古屋 »