« 感想「法廷外裁判」 | トップページ | トップイースト セコム対キヤノン »

感想「ガツン!」

「ガツン!」 ニック・ホーンビイ 福音館書店
ホーンビィの小説の久々の(だと思う)邦訳(原著刊行2007年、邦訳は2009年)。でも、普通の?小説ではなく、15-6歳の少年を主人公にしたYA小説。主人公が、ガールフレンドをうっかり妊娠させちまって大騒ぎという話。
少年の世界が舞台なだけに、いろいろなことが、かなり単純化してはいると思うが、主人公の在り方は、今までに読んだ小説とほぼ同じような気がする。ドジなところ、ぶざまな慌てっぷり、卑怯になろうとするがなりきれない中途半端なところ、そのせいで、全てが理想的に運びそうになっても、結局、うまく行かなくなってしまうが、かといって、壊滅的にダメになってしまうわけでもなく、中途半端な所で(そこがリアルではあるが)人生が続いていくところ。
というより、ホーンビィのいつもの小説の主人公が、30代であるにもかかわらず、メンタル的に10代の少年と、あんまり変わらないということなのかもしれない。
ホーンビィのいつもの小説を愉しめる読者なら、YA小説ということは関係なく、これも充分愉しめると思う。

それにしても、帯に「本書にさらりと登場する人物名」というのが書いてあって、ジャスティン・ティンバーレイクとか、キャメロン・ディアスとか、コールドプレイとか列挙されているんだが、別に彼ら自身が登場するわけじゃない。現代のイギリスの少年の世界を描いていると、自然とそういう名前が出て来る、というだけのことだ。そもそも、今までの小説でも、ホーンビィはそういう書き方をしていたし。ほとんど無意味な惹き句だと思う。何を狙ったんだろうか。
(2010.10.15)

|
|

« 感想「法廷外裁判」 | トップページ | トップイースト セコム対キヤノン »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50009576

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ガツン!」:

« 感想「法廷外裁判」 | トップページ | トップイースト セコム対キヤノン »