« トップリーグ第10節東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「私のマルクス」 »

トップリーグ第10節三洋電機対サントリー

2010.12.11 14時 秩父宮 

 三洋電機ワイルドナイツ 15-17 サントリーサンゴリアス

前半は三洋が圧倒的な試合運び。トニー・ブラウンが早々に痛んでピッチを後にしたにもかかわらず。サントリーはインゴール近くに迫ることすら出来ずで、15対0の折返し。
後半序盤も三洋が攻勢だったが、開始2分くらいのそれほど難しくないPGを決め損ねたことがきっかけで流れが変ったかな。
サントリーが次第に押込み始め、三洋の守備がうまくいかなくなり始め、10分過ぎの短い時間に立続けに2トライで15対14。その後もサントリー優勢で試合が進んだものの、ここからは三洋もディフェンスが粘りを見せ、スコアが動かないまま35分を過ぎたが、そこで三洋がゴール正面の近い距離で反則。ライアン・ニコラスがPGを決め、そのままサントリーが逃げ切り。前半の状態からは考えられないようなサントリーの逆転勝ちだった。
これで1位争いが混戦になってきたみたいだな。もっとも三洋は東芝戦とサントリー戦を終えたから、この先、とりこぼしはないかもしれないけど。まあ、プレーオフに進めさえすれば、どのチームも、1位にはそんなにこだわりはないのかも知れないが。
20101211board2

|

« トップリーグ第10節東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「私のマルクス」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50422284

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第10節三洋電機対サントリー:

« トップリーグ第10節東芝対神戸製鋼 | トップページ | 感想「私のマルクス」 »