« 感想「百発百中」 | トップページ | トップイースト 釜石対キヤノン »

J1リーグ第34節名古屋対広島

2010.12.4(土) 15時半 豊田スタジアム

 名古屋グランパス 2(2−1)1 サンフレッチェ広島 
           (0−0)

 得点 名古屋・ケネディ
    名古屋・マギヌン
    広島・李忠成

ホーム最終戦。

FC東京戦の時とはだいぶ違う、優勝祝賀モードの雰囲気が立込めるスタジアム。東京戦でも、この半分くらいはやってくれてれば…。

最終戦のミッションはジョシュアの得点王くらいかなと思ったが、送り出す選手が二人居た。マギヌンと杉本。

試合は攻め合いっぽい展開になり、双方好機を作りつつ決め切れないという感じだったけど、広島がなかなかペースが上がらず、助かってた感はあったかな。で、20分過ぎに右からの小川のクロスがゴール前のジョシュアの頭にぴたりと合って先制ゴール。ムチャクチャ盛り上がるスタンド。
その10分後、左サイドから切れ込んだマギヌンがゴールを突刺すシュート。1点目以上に盛り上がるスタンド。正直、このゴールはほろっとしたよ。そういうゴールだった。
その後は一進一退、というか、決定機に決められず、ポゼッション的には劣勢だったかも? 前半ロスタイムにはゴール正面がぱっかり開いた所で李忠成にシュートを打たれ、失点。
後半も一進一退な雰囲気は変わらなかったが、杉本が交代出場すると、場内が沸いた。大声援を受けて、杉本もいつもより積極的なプレーを見せていたと思う。決定的なシュートは撃てなかったが、ジョシュアへの決定的なクロスが1本。あれは決めてやって欲しかったなあ>ジョシュア。

結局、スコアはそのままで終了。勝って終われて良かった。和やかな雰囲気で、グダグダな(^_^;)セレモニーへと向い、「優勝しちゃいましたあ」というナラの挨拶(^_^;)、クライマックスはゴール前での炭酸水?掛け。見てるだけで、しあわせな気分になったよ。
この先、また優勝してこういう場に居合せても、多分、ここまでしあわせな気分にはならないだろうなと思う。
18年見続けてきた上で、この日、この場に居れて良かった。いろんな人達に感謝したい気分。

20101204board
20101204asia
20101204start

|

« 感想「百発百中」 | トップページ | トップイースト 釜石対キヤノン »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50422011

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第34節名古屋対広島:

« 感想「百発百中」 | トップページ | トップイースト 釜石対キヤノン »