« 全国クラブラグビー大会決勝 北海道対タマリバ | トップページ | 感想「消えた玩具屋」 »

トップリーグプレーオフ準決勝トヨタ対三洋電機

2011.1.23 14時 秩父宮 

 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 10-32 三洋電機ワイルドナイツ

この日の秩父宮第二試合。

序盤は互角だったと思う。ただ、2週間前の試合と比べたら、三洋が大幅に良くなっていて、次第に三洋優位な展開になった。トヨタは2週間前に見せていたような華やかな展開を全然作れなかったが、それでもスコアの面では、充分渡り合ってはいた。
10分に三洋はFB田邊がかなり長いPGを決めて、手堅く3点先制。試合が大きく動いたのは17分で、トヨタのCTBイエーツが危険なタックルでシンビン。三洋が、そのPKから一気に攻め込んで、FL劉永男がトライを決めて突き放す。けれどもイエーツのシンビンが明ける直前、三洋の乱れたパスをトヨタのSHアイイが蹴り出し、そのままボールを拾って突っ走ってトライを決め、7対8の1点差。前半終了直前、三洋はPGで加点して、7対11で折り返したが、この時点では試合がどう転ぶか、全然分からなかった。

後半半ばまではそういう膠着状態が続いたんだが、それが崩れたのが17分、中央付近での混戦でこぼれたボールが三洋のWTB山田に渡り、一気にインゴールに持ち込んで三洋が7対18とリードを広げる。20分にはトヨタがチャンスを作ったが、やや距離を残した地点でアイイがPGを選択。決めて10 対18にしたけれども、8点差ではトライとゴールでも追いつかない。どういう意図だったんだろう。弱気の選択と見えないこともなかったわけで、後で考えると、ここが何となくポイントになってしまった気がする。以降、トヨタは好機を作っても、決め切れないことが続き、試合は完全に三洋ペース。28分にトヨタゴール前の密集からヒーナンが抜け出してのトライで、スコアをかなり決定的な10対25とすると、36分には途中出場のアイブスが駄目押しのトライ。最終スコア 10対32で、三洋の大勝。

やっぱり、ベストメンバーが揃えば三洋は強いというのを実感。特にトニー・ブラウンは、出ているだけでなく、相当調子が良さそうで、効きまくっていた。休養充分てところかな。リーグ戦最終節は、劉永男も先発を外れていて、これがまた、今日は効いていたし。やっぱり、これが両チームの力から見た、順当な結果だったということなんだろう。
20110123board2


|

« 全国クラブラグビー大会決勝 北海道対タマリバ | トップページ | 感想「消えた玩具屋」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50712952

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグプレーオフ準決勝トヨタ対三洋電機:

« 全国クラブラグビー大会決勝 北海道対タマリバ | トップページ | 感想「消えた玩具屋」 »