« スーパーカップ名古屋対鹿島 | トップページ | 感想「ウネルヴィル城館の秘密」 »

日本選手権決勝三洋電機対サントリー

2011.2.27 14時 秩父宮 

 三洋電機ワイルドナイツ 20-37 サントリーサンゴリアス

三洋の攻勢で試合が始まって、5分にPGで先制。10分頃、さらに三洋がトライ寸前まで攻め込んだが、サントリーがボールを奪ってカウンター。縦に粘り強く繋いで、最後は小野澤のトライで逆転。これで一変してサントリーが優勢になった。堅守のはずの三洋がサントリーの縦の突破を止められない。前半にサントリーは長友とトゥシ・ピシもトライを決めて24対6の折り返し。ただ、準決勝でも三洋はこれくらいのビハインドをはね返して逆転勝ちしてるんで、まだわかんないなという感じだった。
後半は12分にホラニが突っ込んで三洋が先行したから、さらにそういう雰囲気になったんだけど、16分にサントリーはラインアウトから青木がトライを決めて突き放す。19分三洋のノートンナイトのトライの後は、25分に長友がトライで取り返す。36分にはヒューワットのPGでダメ押し。37対20でサントリーが優勝。

三洋に流れが行っちゃいそうな時間帯が何度かあっても、そこで持ちこたえて引き戻せたのがサントリーの勝因だろうな。サントリーの試合を見てると、気が抜けたような時間帯があって、そこで試合をひっくり返されちゃうことが割とあるけど、今日は勢いが途切れなかった感じ。それが出来れば、サントリーに勝ち目があるだろうなとは思っていたけど、やっぱりそうなった。
三洋は先行されて焦っちゃって、ミスが増えていたような気はした。三洋の名前での最後の試合という気負いが影響したのかもしれない。準決勝で出た負傷者の穴を埋め切れなかった感じもした。

これで今季のラグビー観戦は終了。今季は見たくても一度も見れなかったチームがいくつかあって、心残りになっちゃった。まあ、また来季ってことで。
20110227board
20110227yusho

|

« スーパーカップ名古屋対鹿島 | トップページ | 感想「ウネルヴィル城館の秘密」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51004839

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝三洋電機対サントリー:

« スーパーカップ名古屋対鹿島 | トップページ | 感想「ウネルヴィル城館の秘密」 »