« 2011年グランパス日程 | トップページ | 日本選手権決勝三洋電機対サントリー »

スーパーカップ名古屋対鹿島

2011.2.26(土) 13時半 日産スタジアム

 名古屋グランパス 1(0−0)1 鹿島アントラーズ
           (1−1)
            3PK1

 得点 54分 名古屋・増川
    66分 鹿島・野沢(FK直接)

 PK戦 名古屋 ケネディ×(阻止) 藤本○ 三都主○     小川○
     鹿島  岩政×(阻止)   本山○ アレックス×(阻止) 新井場×(阻止)

今年初めてのサッカー観戦。

前半の名古屋は、動きがよくて、連携も鮮やか、ポゼッションの高い華やかなサッカーを見せてたと思うが、なかなかシュートを打てなくて、むしろ鹿島にカウンターからシュートを打たれてたという印象。ただ、鹿島は、大迫のクロスバー直撃以外は、フィニッシュの精度に難有りな感じだったかな。
後半に入ると、鹿島がハイペースで攻め込んで来て、押され気味になったが、5分過ぎの後半最初の?チャンスで、藤本のFKのボールに増川が合わせて先制。でも10分後くらいに、野沢の完璧なFK(あれは止められない)で同点にされた。後半の名古屋はペースが落ちたし、鹿島の方がシュートを打ってて、ゴールにも近い感じだったかな。でも楢崎の好セーブもあって、同点のまま終了、PK戦。
メインスタンド中央で見ていて、ここからだと角度の関係で、ゴールマウスがすごく狭く見えて、PKは絶対入りそうもないように見えた(^^;。実際、鹿島と名古屋が揃って先頭がストップされたが、その後、名古屋は全員がきっちり決めたのに対して、鹿島のPKはナラが止めまくり、4人目3対1で名古屋が勝利。

スーパーカップを獲ったのは、96年以来だから、15年ぶりか。おまけみたいなタイトルかも知れないけど、やっぱ優勝は嬉しいやね(^^)
00年にPK戦で磐田に負けた時のモヤモヤが、よーやく晴れた気がする(^^;。

まあ、おおかたの選手は、あまり無理はせず、抑え気味にプレーしてたように感じたけど、新加入の藤本のプレーは目を引いた。よく動くし、視野が広いし、巧かった。今まで清水戦で見てた印象よりもずっといい選手に思えた。さすがに清水で10番を背負ってただけのことはあるんだな。

そこそこいい状態でシーズンに入っていけそうだな。まあ、今年は個人的には高望みはしないつもりだけどさ(^^;
20110226board
20110226stand
20110226bow
20110226hyosho
20110226champ

|

« 2011年グランパス日程 | トップページ | 日本選手権決勝三洋電機対サントリー »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51004771

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーカップ名古屋対鹿島:

« 2011年グランパス日程 | トップページ | 日本選手権決勝三洋電機対サントリー »