« 感想「野球ができてありがとう」 | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »

「RED」

ブルース・ウィリス主演のアクション映画。引退したCIAのエージェントの役だが、なぜか突然命を狙われ始め、一方的に好意を持っていた年金係の女性を巻添えに、逃亡しないといけなくなる。その後、同じような境遇に陥った仲間と組んで、反撃に出る話。
まあ、ストーリーはかなりどうでもよくて、豪華なキャストや華々しいアクションシーンを気楽に面白がれる映画。ウィリスの仲間になる俳優は、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレンという豪華さ。他にもリチャード・ドレイファスが出ていたりするが、びっくりしたのは、端役でアーネスト・ボーグナインが出てきたことだ。まだ生きていたのか(^^;。(多分、ロッド・スタイガーと混同していた…全然違うじゃん、と言われるかもしれないが(^^;) 
さすがにベテラン俳優揃いだけあって、みなさん演技は達者だし、持ち味もよく出ているし、楽しげにやってる雰囲気も良かったな。話にそんなに大きな破綻もなく、素直に面白かった。

|

« 感想「野球ができてありがとう」 | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/50806259

この記事へのトラックバック一覧です: 「RED」:

« 感想「野球ができてありがとう」 | トップページ | 「グリーン・ホーネット」 »