« ACLグループL第2節 名古屋対アルアイン | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) »

セリーグ ヤクルト対横浜(4/16)

2011.4.16(土) 14時 神宮
B 000002031 6
S 020110200 6

今年初めて、神宮でセリーグ公式戦を観戦。ようやく。
一般の人が普通に行ける最初の試合だし、デーゲームでもあるので、結構混むんじゃないかと思ったが、チケット売り場が結構混んでた割に、中は、最初は拍子抜けするくらいのまばらな観客だった。次第に増えて、3塁側内野席以外は、そこそこ埋まった感じにはなったけど。
20110416stand
20110416kyujo
最初はよく晴れてて暑いくらいだったが、4回くらいから通り雨がぽつぽつ落ちて来て、6回くらいまで続いた。傘無しでもなんとかしのげる程度だったけどね。上がった後は、また晴天になった。

試合は、村中と眞下の先発。眞下が2回に制球が不安定になった所につけ込んで、スワローズがノーヒットで2点先制。4回にバレンティンのレフトへの大きなホームラン、5回には川端のヒットから手堅く繋いで追加点を上げ4-0としたが、6回にヒロヤスのまさかの悪送球でランナーを出した所で、村田に一発を浴びて4-2。それでも7回に相川のツーベースで2点追加して、また突き放した。
8回、好投していた村中が限界に達したようで、頭からヒット3本と四球で2点を失う。ここは投手の交代期を誤ったようには思うが、バーネットがリリーフで出た後、併殺の間にもう1点は取られたものの、1点差でしのいだから、9回に林昌勇で、1点差で逃げ切れるはずだった。
でも9回、今季初登板の林昌勇が四球とヒットで無死1-2塁にしちまい、その後、2死1-3塁までこぎ着けたものの、石川にタイムリーを打たれて同点。9回裏は2死3塁まで攻めたが相川三振。3時間半を過ぎていたので、そのまま引分けで試合終了。

勝ってた試合だったのに。負けたも同然な引分け。
林昌勇で勝ちを逃したってのがでかい。これでも勝てないか、という感じで、まだたった4試合目とはいえ、去年の前半戦を思い出させるような、すごく泥沼っぽい気配がするのが嫌だな。

7回までの村中の好投はいい材料だし、バレンティンは、普通に守ってくれるライトの守備に安心感があるし、今日はひちょりを刺した返球の鋭さ(まあ、ひちょりが油断し過ぎだったと思うが)も買いだし、でっかいホームランまで打ってくれたとなれば、絶賛するしかない感じなんだが、チームが勝ててないってのが、どうにも。早いうちにひとつ勝てれば、それで気分が変わるような気はしないでもないけど。
20110416end

|

« ACLグループL第2節 名古屋対アルアイン | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51410075

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対横浜(4/16):

« ACLグループL第2節 名古屋対アルアイン | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) »