« セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) | トップページ | ACLグループL第4節 FCソウル対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17)

2011.4.17(日) 13時 戸田
E 000000001 1
S 00001100X 2
[勝]平井 [S]佐藤賢 [負]菊池

今日は戸田へ。昨日勝てなかったから、神宮へ2日連続で行くことも考えたけど、対戦チームを考えて、今年まだ見てないし、今日を逃すと、しばらく見れそうもない楽天相手のイースタンに行くことにした。ちなみに横浜は、もう3試合見てるんで(春季教育リーグ、イースタン、セリーグ各1)。
20110417kyujo

先発は平井と菊池。また平井かよ、と思ったけど、先週も日曜に戸田へ行ってるんで、ローテを考えると、しょうがないか。結構、毎年そんな感じで特定の投手に集中しているし。

先発は双方悪くない立上がりだったが、次第に制球難が目立ち始め、5回までに双方四死球4。まったりとした試合になってしまった。でもなかなか点が入らない。それでも5回裏に先頭の藤本がツーベース。2死1-3塁になった所で荒木がセンター前タイムリーで、スワローズが1点先制。さらに6回、宮出がヒットで出て代走野口。次打者森岡の時にエンドランがぴたっと決まって、野口が一気に生還して2-0。
7回にも、楽天2番手のサンチェスから、山田と荒木が連打で1死1-3塁としたが、今日から2軍落ちの飯原はボテボテの三ゴロ。本塁送球で、キャッチャーの中谷は、山田にノータッチだったと思うんだが、アウトのコールで点にならず。ジャッジはともかく、今日の飯原は、昨日の神宮同様、2軍落ちやむなしの出来だったな。
そのまますんなり終るかと思ったが、9回表、2番手松井光介が先頭の丈武にヒットを打たれた所で交代した3番手マサルが今日もいまいち。ヒットと自分の1塁悪送球のエラーで無死満塁。続く中谷の右邪飛が犠飛になって2-1。しかしその後、楽天の打線は育成が2人続き(松井、川口)、それを三振、遊ゴロに仕留めて、なんとか逃げ切った。
20110417board
今日の平井は途中で大崩れしなかった。5回に3四死球で2死満塁にしたが、そこが山で、それを乗り越えたら逆に良くなった感じ。楽天の打線との兼合いもあったんだろうけど、こういうふうに修正出来るようになってくれば、いいものは持ってるんで、期待出来るようになっていくと思うがな。
光介は悪くなかったかな。打線はちょっと湿っぽいね。

ちなみに神宮は増渕が6回までノーヒットノーランとかで、しまったと思ったけど(^^;、7回にスレッジにヒットを打たれちゃったみたいだ。でも、4-0で今季初勝利になったようで、よかったよかった。これで気分が変わって、流れも変わってくれるといいんだけど。

|

« セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) | トップページ | ACLグループL第4節 FCソウル対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51421897

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17):

« セリーグ ヤクルト対横浜(4/16) | トップページ | ACLグループL第4節 FCソウル対名古屋 »