« チャリティマッチ ヤクルト対広島(4/2) | トップページ | ACLグループL第3節 名古屋対FCソウル »

ヤクルト対フューチャーズ(4/3)

2011.4.3(日) 13時 戸田
S  000000002 2
FT 100030000 4

フューチャーズとの試合を見に行くのは初めて。いわゆる公式戦とは違うんで、いまいち食指が動かなかったんだが、2日続けて神宮へ行くのも芸がないと思ったから。

うちの先発はフェルナンデスで、初回、巨人の和田にヒットを打たれ、暴投で2進のあと、うちの(^^;曲尾にタイムリーを打たれて失点。2回以降も制球が悪く、怪しかったが、フューチャーズの拙攻にも助けられ、3回1失点で降板。
4回から登板した上野はさらに出来が悪く、4回の1安打2四球での2死満塁はなんとか切り抜けたが、5回に4安打1四球で3失点。
それでも6-7回を投げた高木は悪くない出来だったし、8-9回の吉川も、相手打者のレベルの低さを考えても、いいピッチングが出来ていたと思う。この二人がそこそこ投げられていたというのは、悪い話じゃないね。

ただ、打線がしょぼかった。フューチャーズ先発は日ハムの斉藤勝で無難に2イニングを抑えられ、3回の巨人の尾藤に対しては、2安打で少し攻めたが、結局無得点。4-5回のロッテ・藤谷、6回の巨人・木村、7回のロッテ・木本、8回の巨人・宮本には、散発でヒットは出るものの、ゲッツーを食らったりして、まるで好機を作れない。最終回、横浜の国吉が出て来た所で、ようやくヒット3本(ショートのエラーくさいのもあったんだが)で無死満塁にして、そこから四球押出しと内野ゴロの間の得点で2点を挙げたものの、そこまで。

結局、2-4で敗戦。
まあ、勝ち負けはあんまり問題じゃない試合だけど(フューチャーズが後攻で勝ってたけど、9回裏があった特別ルールも、ある意味、それを示しているかと)、育成選手主体の相手に、内容的に淋し過ぎたなあ。こちらのメンバーも育成がかなり入っていたと言ってもね。
唯一、2番セカンドで出ていた故障リハビリ中のヒロヤスが、攻守にさすがの存在感だったのは好材料。当り前だけど(^^;。この状態なら、1軍開幕に間に合いそうだな。良かった。
20110403kyujo
20110403board


|

« チャリティマッチ ヤクルト対広島(4/2) | トップページ | ACLグループL第3節 名古屋対FCソウル »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51294862

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト対フューチャーズ(4/3):

« チャリティマッチ ヤクルト対広島(4/2) | トップページ | ACLグループL第3節 名古屋対FCソウル »