« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) | トップページ | 感想「今日も上天気」 »

ACLグループL第4節 FCソウル対名古屋

2011.4.19(火) 20時 ソウルワールドカップスタジアム
観客 10927人 主審 モーセン

 FCソウル 0(0-1)2 名古屋グランパス
        (0−1)

 得点 26分 名古屋・金崎
    81分 名古屋・永井
 
BS朝日の生中継。今日はキックオフから見れた。

この前から外れている玉田に加えて、直志とジョシュアも故障で離脱。永井の1トップ、さらに2列目には吉田を先発させる緊急事態。
立上がりから、FCソウルに主導権を握られ放し。それでもキックオフ直後は、ちょっと攻めることが出来ていた気がするけど、次第に押され放しになった。楢崎と増川(一体、何発、身体でシュートをブロックしたんだ?)の奮闘で、無失点でしのいでいたが、序盤にツリオが足を痛めて倒れ込んだ時には、どうなることかと。でも、ツリオは、結局最後までプレー出来てたから、あれは一時的なものだったのかな。
それでも、前半半ば、藤本、吉田、小川が絡んで、最後はムウがゴールへ押し込んで先制してしまう。連携の取れた、素晴らしい先制点だった。
その後も攻められ放し。相手のプレッシャーが強いせいなのか、中盤が簡単にボールを失う場面が多く、苛々する。でも無失点のまま後半。

後半のソウルは、前半に比べると、プレーの正確性が落ちていた気がする。焦りが出ていたかな。そうはいっても、ソウルに押されまくる展開は変わらなかったが、名古屋が攻め込む形も、時折作れるようになっていた感じ。吉村のGKセーブがバーに当る、すげえ惜しいミドルがあったり、追加点の可能性が見えなくもない雰囲気。そして後半終盤に、ソウルのGKへのバックパスのボールを追いかけた永井が、ボールを奪って、GKを抜いて、ゴールへ流し込む追加点。永井、すげえよ。よくコースをコントロールしたシュートだったなあ。2-0になって、多分にがっくり来たソウルが勢いを失うのに乗じて、名古屋はその後、結構いい展開に持ち込んでいたと思う。追加点は取れなかったが、余裕のある感じで(後で思えば。中継を見てる間は、そんなことは一切思わなかった。テンパってたよ(^^;)試合を締めくくって勝利。

中継を見ている限り、ほとんど全ての面で、ソウルの方が上回っていたという感じなんだが、それで勝てちゃったというのは大したもんだ。少ないチャンスを逃さないムウと永井の嗅覚が素晴らしい。
考えてみると、ジョシュアの欠場は、結構高い選手を揃えているソウル相手に、彼の高さはそれほどアドバンテージではなかったのかも知れない。スピード感を持って、よく動ける若手選手の(結果的なものとはいえ)起用は、この試合に関しては、むしろ当りだったような気もする。(前線にボールの収め所がないとか、ジョシュアなら、もっときっちりボールを捌いたんじゃないかなと思った回数の多さとかはともかくとして)
これが若手の自信になればいいんだけどね。

あとは、藤本、セットプレーのキック、もうちょっと可能性を感じるボールを蹴れないのかなあ(正直、セットプレーだけじゃないが)。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) | トップページ | 感想「今日も上天気」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51469802

この記事へのトラックバック一覧です: ACLグループL第4節 FCソウル対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/17) | トップページ | 感想「今日も上天気」 »