« J1リーグ第10節名古屋対清水 | トップページ | ACLグループL第6節 アルアイン対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/8)

2011.5.8(日) 13時 戸田
F 110020011 6
S 100011000 3
[勝] [S] [負]八木

先発はうちが八木。初回、いきなり大乱調。先頭の関口は三振に打ち取ったが、続く西川にヒットを打たれ、さらに3連続四球。押出しであっさり先制点を献上。とにかく制球が全然ダメだった。でも後続2人を打ち取って、なんとか1失点で切り抜ける。
ファイターズの先発はオビスポ。こっちは、ある意味、もっとヒドい。先頭の山田への初球が、いきなり頭部ギリギリの速球。ビックリしたよ。そして 1-2になっての4球目が、今度は頭部直撃。山田も初球のことがあるから、ある程度警戒はしてたようで、大事にはならなかったんだが、当然オビスポは危険球退場。あんなめちゃくちゃな制球のピッチャーは、マウンドに上げちゃいけないな。
で、ファイターズは2番手宮本が緊急登板。当然、ウォーミングアップなんかしてなかったわけで。次打者上田の時に牽制悪送球で、山田は3塁へ。上田がレフトへ犠飛を打ち上げて、あっさり同点。ただ宮本は、次の森岡に四球を出したが、後続は抑えて切り抜けた。いいピッチングだったと思う。にしても、ここまでで35分。
2回表、八木がいきなり荒張にツーベースを打たれ、バントで3塁に送られた後、暴投で還してしまい、また先行される。それでもこの回も失点はこれだけ。崩れそうで崩れないまま、5回まで行ったんだけど、ここでとうとうつかまった。西川、岩館の連続ツーベースで1点、さらに今浪のタイムリーでもう1点。一場に交代。一場じゃな、と思ったんだけど、暴投で進塁はあったものの、意外にも(^^;一場は凌いだ。
ファイターズ3番手榎下になんとなくかわされていた打線は、5回裏にようやく捉え、山田がヒットで出て、上田の四球で2進の後、中尾のタイムリーで還って2-4。ここでガイエルに一発が出れば逆転だったんだが、残念ながら右飛に終った。ガイエルはここでおしまい。レフトを守るってのは今まで見たことないが、ライト・バレンティンと併用する可能性を考えてのことなのかな。
6回裏はファイターズ4番手植村から、松井淳がいきなりスリーベースを打ち、麻生の内野ゴロの間に還って3-4。
いよいよ結果がわかんなくなってきた、というタイミングだったんだけど、初回が長引いた影響で、試合が3時間では終らないことが見えていたし、家でやることもあったんで、ここで撤退準備。7回表に3番手の吉川が出て来て(つまり一場は1回2/3を無失点で凌いだ。びっくり(^^;)、1四球は出したけど、無難に凌ぐ所まで見届けて引き上げた。しかし、最終的には3-6で敗戦ということだった。

とにかく、八木の出来が悪過ぎた。4/30のフューチャーズ戦ではそこそこだったんだけど。相手の差はあるだろうが、制球難に相手はあんまり関係ない気もする。
ちなみに捕手の西田も、それは取ってやらなきゃ的なバッテリーエラーが多過ぎた感じ。さすがに5回で新田に代えられた。

最後まで見なくても、特に問題ない試合ではあったらしい(^^;
20110508kyujo
20110508board


|

« J1リーグ第10節名古屋対清水 | トップページ | ACLグループL第6節 アルアイン対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51637874

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(5/8):

« J1リーグ第10節名古屋対清水 | トップページ | ACLグループL第6節 アルアイン対名古屋 »