« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | JFL前期第10節横河対高崎 »

ACLグループL第5節 名古屋対杭州

2011.5.4(水) 14時 瑞穂陸上競技場 
観客 人 主審 

 名古屋グランパス 1(0-0)0 杭州緑城 
           (1−0)

 得点 名古屋・藤本(PK)

今年初めて見に行ったホームゲーム&瑞穂。

ビジターの杭州戦は、まるで競り勝てない劣勢の試合展開がすごく印象に残ってたが、この試合は、杭州が引き気味に来て案外だった。だから、ビジターの時とはだいぶ違う、名古屋が結構球を持って、攻め込める試合になった。ただ、決定的な場面に行く前に、おおかた潰されていたけどね。一応押し気味に見える割に、効果的な形はほとんど作れてなかったと思う。しかも、杭州は次第にペースを上げて来てる感じがしたから、結局、また向こうのペースになっちまうのかなと思ってた。
でも、後半に杭州が選手を入れ替えてきて、さらにラッシュして来るのかと思ったら、最初の数分だけで、すぐにまたペースが落ちた。ビジターだからなのか、杭州は引分けで充分と思っているようだった。杭州は引分けで終ると、グループリーグ突破は他チーム頼みになって、結構苦しいようには思えたんだが。でも、そのおかげで、名古屋はパスミスの山を築きながらも、決定的なチャンスをぽつりぽつりと作れるようになっていった。
このままスコアレスドローという気配が、かなり濃厚に見えた終盤、吉田に替わって入った久場が、左からのクロス(藤本が入れたものだったらしい)に向かって、ゴール前に飛び込むと、GKに倒されてPK。PKは藤本が蹴り、1回蹴り直しになったものの、2回目もきっちり決めて先制。
さすがに杭州も尻に火が付いて、がしがし攻めてきて、このペースで長い時間やられたら、持ちこたえられたかどうか、と思ったが(うちの選手もバタバタ倒れていたし)、時間不足だったかな。名古屋がまんまと逃げ切って勝利して、グループリーグ突破が確定。ただ、FCソウルも勝ってしまったんで、1位抜けは未決。次節のUAEでのアルアイン戦はどうするのかな。あくまでも1位抜け(Round16がホーム開催)を目指して、主力を送り込むのか、2位でもOKの判断で、若手を送り込むのか。

新聞で読んだ杭州の監督コメントを見ると、名古屋の方がレベルが上のチーム、とかいうことが書いてあったけど、いやいやとんだご謙遜(^^;。でかいし、パスもきっちりつながるし。決定力は難有りだったけど。頭っから、がんがん来られてたら、相当厳しい試合になったと思うんだけどね。だから、引き気味で来た理由が、よくわからなかった。ビジターだし、コンディションの問題があったのかな。
20110504board
20110504visual
20110504end

|

« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | JFL前期第10節横河対高崎 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51637702

この記事へのトラックバック一覧です: ACLグループL第5節 名古屋対杭州:

« セリーグ ヤクルト対中日(5/3) | トップページ | JFL前期第10節横河対高崎 »