« ACLグループL第5節 名古屋対杭州 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »

JFL前期第10節横河対高崎

2011.5.7(土) 13時 武蔵野市陸上競技場

 横河武蔵野 0(0−1)1 アルテ高崎
        (0−0)

 得点 高崎・山田

今年初めてのJFL観戦。よーやく、という感じ。
最初のカードがこれってのは、個人的にJFLで一番気にしてる2チームの対戦だから、ラッキーだった。今年も双方のチームで主力が抜けてる(抜かれてる? 例えば横河なら冨岡が長野、高崎は岩間が長崎)ことを知ってたので、チームがどうなったか、気になってもいたし。

横河は冨岡以外にも、チームに残ってるはずの去年のレギュラーが複数欠けていて(ケガとかかな)、どうなんだろうなと思ってたら、やっぱりボロボロ。復帰した小林陽介をトップ下に置いて、攻撃を組み立てる意図だったと思うんだが、中盤が全然機能しなくって、攻撃は前線への放り込みばっかり。陽介にもまともにボールが通らない。
逆に高崎は、積極的にプレスを掛けまくって、よくボールを拾い、(相変わらず精度に難はあるが)パスを繋いで、好機を作り出していた。3トップ気味の前線の積極性を中盤がよくサポートしてたと思う。
前半終盤、益子のCKから、益子が戻ってきたボールを山藤に繋ぎ、山藤のクロスを山田が頭で合わせて、高崎が先制。

後半になると、高崎の運動量が落ち始め、前半よりは横河が持てる展開になったけど、テンポが遅くて好機まで行かない。時折くりだされる高崎のカウンターの方が惜しかったくらいだ。特に18分の松尾のポスト直撃→こぼれを小林がフリーでシュート→大フカシは…(^_^;)
ただ30分頃に永露が入ると、急に横河の中盤が機能し始めた。永露自身がどうこうというより、ようやくピースが揃ったという感じだった。横河がゴール前に攻め込んでる時間が続き、決定的場面も何度か。でも決められない。結局高崎が粘り勝った。

横河は終盤の攻勢を見ると、可能性はあるチームなのかなと思う。時間はかかるかもしれないが。それにしても瀬田はどうしたんだろう?
高崎は岩間も秋葉も抜けちゃって、どうするんだろうと思ってたけど、今日くらいの試合を続けてやってけるようなら、今年もなんとかはなるかも知れないな。今年は入替戦抜きでJFL残留を決めて欲しいが。
20110507flag
20110507ganbaro
20110507board

|

« ACLグループL第5節 名古屋対杭州 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/51637827

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第10節横河対高崎:

« ACLグループL第5節 名古屋対杭州 | トップページ | J1リーグ第10節名古屋対清水 »