« J1リーグ第4節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対横浜(7/16) »

セリーグ ヤクルト対中日(7/13)

2011.7.13(水) 18時 神宮
D 2100000020 5
S 1004000001X 6
[勝]押本 [敗]浅尾
[H]S:畠山(吉見) D:森野2(館山、林昌勇)

今は仕事の関係で、平日のナイターへ行くのは厳しいんだが、たまには行かないと(^_^;)

館山と吉見の先発。
館山が近頃、生で見た中では最悪の立ち上がり。初回いきなり森野のツーランを食らう。その裏、ホワイトセルのツーベースで1点返すが、2回表も岩崎のタイムリーで失点。毎回ランナーを出すピッチング。
でも吉見が4回に先に大きく崩れてくれた(^_^;)。無死1塁で畠山がツーランで同点。さらにヒットとツーベースで1死2-3塁。ここで相川遊ゴロを岩崎がエラー。2人返って逆転。
ただ、館山はその後もアップアップで、6回に1死満塁のピンチを何とか切り抜けた所で代打を送られ交代。
双方、山場は作りつつ、追加点ないまま9回表で林昌勇が登板。しかしいきなり岩崎ヒットの後、森野のツーランで、試合は振り出し。中日の後続は凡退。9回裏もあっさり終わり、3時間半まで5分程度を残し、延長突入。

10回表は押本がいきなり荒木にヒットを打たれ2死1-2塁まで行くが、岩崎を打ち取り、とりあえず負けはなくなる。
10回裏は9回から登板の浅尾に対して、1死後、畠山が四球で出て、不振のバレンティンがレフトへヒットで1死1-3塁。慎也の遊ゴロで三走・野口が本塁で刺されるが、代打宮出がリリーフの岩瀬から四球を選んで2死満塁。でも、次の打者は相川か〜、と思ったんだが、相川がライト前にクリーンヒットでサヨナラ! いやあ、盛り上がった(^_^;)

正直、ムダな盛り上がりという気はしないではないが、勝ててよかったよ。相川、期待してなくてごめんなm(_ _)m
しかし、4時間超えの長い試合だった(^_^;)
林昌勇は気掛かり。どうも今年は信頼感がない。こんな綱渡りみたいな試合は続けられないよなあ。
20110713kyujo
20110713board

|

« J1リーグ第4節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対横浜(7/16) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52209976

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(7/13):

« J1リーグ第4節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対横浜(7/16) »