« J1リーグ第2節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「楊令伝」1 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3)

2011.7.3(日) 13時 ロッテ浦和
S 000210000 3
M 22000020X 6
[敗]フェルナンデス [勝]坪井
[H]S:武内(那須野)

一昨日に続いて、今日も微妙に雲行きは怪しかったけど、だんだん天気が良くなって、最後まで保った。
20110703kyujo
先発は那須野とフェルナンデス。
フェルナンデスは支配下登録選手になってから初めて見た。初回、守備の乱れぽいのも絡んで、ややアンラッキーに2失点。2回にも四球と2安打で2失点。ちょっとダメだなという感じだったが、持ち直した。3回から5回はノーヒット。ちょっと大きい当たりを打たれ過ぎな気はしたけど、2軍の先発としては、まあこんなもんかな。持ち直したところが良かった。
打線は那須野に対して、ヒットは出るが後が続かず、3回まで無得点だったが、4回に川崎がツーベースで出た後、武内が右中間へホームランで2対4。 5回も中村・曲尾の連打で無死1-2塁にして那須野をKO。那須野を見る時はいつもこんな感じだね。好投しても途中で崩れる。さらに2番手の秋親を攻めて 1死満塁として、上田がライト前へ運び、1点追加。さらに曲尾も本塁へ突っ込んだが、これはライト定岡の返球とキャッチャー小池にうまく防がれてしまい、 1点差止まり。結局、ここがポイントだった。
それでも7回にも2死2-3塁としたが、ここでは武内がロッテ5番手の服部に完全に外されて三振。その裏、一場・マサル・山本哲のリレーで3四球2安打で2失点。これで試合は決まりで、8-9回は淡々と終わり、3対6の敗戦。
20110703board
勝ち投手は、那須野が5回保たなかったので、1回1/3を大過なく投げた3番手の坪井だったようだ。
武内はホームランはさすがだったが、7回はちょっと情けなかった。
ロッテは、育成の角が結構いいセカンドだと思った。守備がいいし、今日は打撃も良かった。あとは、巨人から来た工藤が張り切っていたなあ、という感じ。

|

« J1リーグ第2節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「楊令伝」1 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52115225

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3):

« J1リーグ第2節仙台対名古屋 | トップページ | 感想「楊令伝」1 »