« 感想「内なる殺人者」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/31) »

J1リーグ第19節福岡対名古屋

2011.7.31(日) 19時 レベルファイブスタジアム
観客 19421人 主審 佐藤隆治 副審 平野伸一、石川恭司

 アビスパ福岡 0(0−0)3 名古屋グランパス
         (0−3)

 得点 51分 名古屋・玉田
    73分 名古屋・藤本
    90+1分 名古屋・ケネディ(PK)

まだ行ったことのない博多の森。今回も行けなかった。次のチャンスはいつだろう。

で、JSPORTSの録画中継の録画で、2週間遅れで見た。

立ち上がりは名古屋が格の違いっぽい試合運びを見せてたが、次第に中盤でのつまらないボールロストが多発し、福岡に度々ゴール前に迫られる。でも福岡はパスやシュートの精度が低く、好機を物に出来ない。序盤以降は、名古屋は好機自体をなかなか作れない。前半はそんな状態。
後半も雰囲気は大差なかったが、51分に左サイドで、阿部→藤本→小川と繋いで、小川の折り返しを玉田が先制ゴール。
その後も、そんなにリズムが良くなったとも思えないけど、力の差は明らかに見えていたし、73分には、右サイドで小川のパスを玉田が受けて、中へ折り返すと、ゴール前のジョシュアは合わせ損なったみたいだが(^_^;)、そのこぼれ球に藤本が飛び込んできてシュートして追加点。
ゴールのシーンは、やたらと鮮やかにボールが繋がって、凄く強いチームみたいだった(^^;)。というか、それ以外の時間帯はダサくても、そういう場面を作れるチームが、強いチームということなのかもしれないけど。
2対0の時点で試合はほぼ決まってたが、ロスタイムに入りかけた所で、ジョシュアがペナルティ内で倒されPK。自分で決めて、コンバージョンというか、ポイントアフタータッチダウンというか、そんなような得点を追加(^^;)。3対0で終了。

力の差は明らかだけど、ホームでは、随分バタバタな試合をしてしまっていた。今回もバタバタといえばバタバタだけど、要所は締められたかな、チーム状態が良くなってるかな、という気はした。
まあ、こんなバタバタだと、先が思いやられる、的なことを考えそうな試合ではあったけど、とりあえず先2試合もいい結果が残ってるわけで、そんなに気にすることでもなかったんだろうな。
(2011.8.15)

|

« 感想「内なる殺人者」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/31) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52481064

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第19節福岡対名古屋:

« 感想「内なる殺人者」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対巨人(7/31) »