« 感想「バンクーバー朝日物語」 | トップページ | J1リーグ第3節神戸対名古屋 »

JFL後期第2節横河対讃岐

2011.7.9(土) 15時 武蔵野市陸上競技場

 横河武蔵野 0(0−0)1 カマタマーレ讃岐
        (0−1)

 得点 讃岐・李

今年やっと2回目のJFL。
讃岐を見るのは初めて、と思ってたが、讃岐サポが歌う「瀬戸の花嫁」が聞こえてきて、去年、大宮の天皇杯1回戦で見たのを思い出した。先発メンバーを見比べると、あの試合と半分くらい同じだった。それと、去年の試合でも先発していた中島って、元横河の中島だったんだな。全然気付いてなかった。

割と似たタイプのチーム同士の戦いだったようで、中盤の底に球を捌ける選手を置いて(横河は岩田で、いいセンスの球出しは、結構出来ていたと思う)、そこを起点に中盤を組み立てようとするが、同じタイプで力も拮抗しているので、中盤の潰し合いになって、双方、ロングボールの放り込みでしか好機が作れなくなっている、という風に見えた。
今日、梅雨明けしたらしいが、くそ暑くて(スタンドは、日陰だし風も通って、実は結構涼しかった)、そのせいもあるんだろうが、動きがいまいち鈍く、ミスも多くて、やや低調な内容の試合。それでも前半の最後の方で、双方に惜しいシュートがあって、盛り上がり始める。
後半になると、へばってきた影響もあるんだろうが、プレスが緩んできて、かえって割と組み立てが出来るようになってきた。ゴール前に押し込む場面も増えてきて、あと一息で得点という時間帯を、双方とも作ったが、どちらも得点出来ない。
35分に横河が永露を投入してスパートを掛けると、この後は横河優勢になり、永露が絡んだゴール前の場面が何度も生まれたが、これももう一息止まり。逆にロスタイムの終了寸前、讃岐は前線の西野へボールを送り、西野が起点になって、左から天羽が上げたクロスを李が押し込んで先制。これがほぼラストプレーで、讃岐のサヨナラ勝ちのような結末に。

ほぼ互角の試合だったんで、横河にとっては取りこぼした勝ち点1という感じ。こういうのは後々効いてくるかも。ちょっと得点の気配が薄すぎた気がする。関野はよくポストプレーはこなしてたと思うが、それを押し込める選手が居なかった。そういやあ、瀬田は居たけど、高松も小山も居なかったし、若手ばっかりで(あ、小林陽介は居たか)、ちょっとチームが軽い感じだったのかなあ。
讃岐も、そんなに強い印象を感じるチームではなかった。新昇格チームにしてはかなり勝ち点を伸ばしているんだけども。この試合で見せたような粘りが持ち味なのかな。
20110709end
20110709board
20110709sora


|

« 感想「バンクーバー朝日物語」 | トップページ | J1リーグ第3節神戸対名古屋 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52195872

この記事へのトラックバック一覧です: JFL後期第2節横河対讃岐:

« 感想「バンクーバー朝日物語」 | トップページ | J1リーグ第3節神戸対名古屋 »