« J1リーグ第20節名古屋対磐田 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/13) »

セリーグ ヤクルト対阪神(8/12)

2011.8.12(金) 18時 神宮
T 004000000 4
S 000000100 1
[敗]村中 [勝]久保 [S]藤川
[H]S:バレンティン(久保) T:新井(村中)

今年最初の神宮での阪神戦。だからなのか、単にお盆休みの影響なのか、えらく客の入りが良かったな。
一応これで、今年も神宮で全カード見たことになるが、広島戦はチャリティーマッチだけなので、最後の目標は公式戦の広島戦。
20110812kyujo
20110812fukei
到着は2回表1死。村中と久保の投げ合い。
2回を見ると、村中はそんなに悪いと思わなかったが、3回に藤井とマートンのヒットで1死1-3塁から平野の内野ゴロで1失点。そこから急にまともにストライクが入らなくなった。鳥谷四球の後、新井にもカウントを悪くしてから、結局スリーランを打たれる。今の貧打のスワローズには重すぎる4点のビハインド。
4回も四球とヒットで無死1-3塁。ただ、この後の阪神が、あまりにも無策で点にならなかった。こういうことをやっててくれると、流れが来るんだがな、と思ったが…。
打線は久保にいいようにあしらわれて、凡打の山。ヒットもポテンヒットみたいなやつだけ。クリーンヒットぽいのは5回の川本の当たりくらいだった。しかし 7回にようやく、先頭のバレンティンがソロホームラン。2死後、宮出のヒットと青木の四球で1-2塁としたが、慶三凡退で終了。多分、今日、スワローズが攻撃で盛り上がったのは、この回だけだったね。
20110812board

投手は、村中はともかく、6回以降、2回づつ投げた赤川と押本は好投したので、悪くはなかったと思う。問題はしょっぱ過ぎる打線だよな。慶三や森岡を起用して、目新しい感はあったし、彼らは結果を出していたが、他の人々が…。森岡と慶三は、二遊間の守りも溌剌としていて、見ていて楽しかったけれども…。

それにしても、9回裏の藤川球児はえらい気合いが入ってたな。1球も打球が前に飛ばず、三者三振だった。あと、関本のセカンドが巧かった。

しかし今年も阪神は苦手らしい。昔はカモだったんだがなあ。

|

« J1リーグ第20節名古屋対磐田 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/13) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52460177

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(8/12):

« J1リーグ第20節名古屋対磐田 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/13) »