« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/28) »

J1リーグ第24節名古屋対甲府

2011.8.28(日) 19時 豊田スタジアム
観客 19061人 主審 井上知大 副審 相樂亨、唐紙学志

 名古屋グランパス 4(3−1)1 ヴァンフォーレ甲府
           (1−0)

 得点 9分 甲府・ハーフナー
    32分 名古屋・玉田
    34分 名古屋・ケネディ
    45+5分 名古屋・藤本(FK直接)
    69分 名古屋・藤本

JSPORTSの録画中継の録画を、2週間強遅れで、確か大勝したんだよな、くらいのレベルしか知らない状態で見た。

序盤から、甲府が何度も縦ポンで放り込んで来て、その戦術が、前線のハーフナーにもうまくフィットしてる感じだったが、9分にとうとうそれがぴたっと決まって、ハーフナーが先制ゴール。あれま、という感じ。
ただ、名古屋はそんなに動じてなかった(ということを、中継のアナウンサーや解説者がしきりに言ってたんだけど、時間が早いんで、あんまり気にしてなかったというだけのことではないのかな?)。普通に試合を続けていくうちに、名古屋が地力で勝る所が見え始めて、32分に藤本が右サイドへ通したボールをハユマがゴール前へ入れて行き、玉田が飛び込んでダイレクトボレーの凄いシュートで同点。この後、いきなり、パンパン、ボールが回り始め、34分には、その流れから、ブルゾのパスをジョシュアが押し込んで、あっという間に逆転。
ロスタイムには、ボールと関係ない所での小競り合いから、甲府DFのダニエルがジョシュアに頭突きをかまして退場になり、そのファールでのゴール前でのFKを藤本がきっちり決めて3-1で折り返し。

後半立上がりは、甲府も頑張って、数的優位をそんなに感じないなと思っていたけど、さすがに甲府が次第に失速して、完全に名古屋ペースの試合になった。圧倒的優勢の割に、点が入らなかったのは、ひとつには60分に交代出場した永井が、いまいち決定機を物に出来なかったからかなと思う。69分に藤本が、ジョシュアのパスを受けて、GKとの1対1をきっちり決めて4-1にしたんだけど、永井は似たような場面でも決められないんだよな。そういう意味では、永井も、スピードは相変わらず凄いが、まだまだなのかなと思ったりもする。ただ、なんか、技術的にはシーズン序盤の方が、永井は切れてたんじゃないんだろうかという気も…。
にしても、藤本は巧いわ。ここは決めるな、という場面を、本当にきっちり決めて来るという印象がある。実際は、この日も、立上がりにバー直撃シュートを打ったりしてるし、本当は100%ではないにしてもだ。名古屋でこういう選手って、最盛期のピチブー以来じゃないのかな。

で、試合は4-1で勝利。明らかに相手とはチーム力に差がある状況を、きっちり結果に反映した感じ。アウェイでやった時とは、チーム状態が全然変わっているからな。
ただ、後半の、圧倒的に攻めながら、案外点が入らない所は、次の柏戦の予兆だったのかな、という気はしないでもないか。
(2011.9.15)

|

« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/28) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52754790

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第24節名古屋対甲府:

« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/28) »