« J1リーグ第26節鹿島対名古屋 | トップページ | ラグビーW杯 日本対トンガ »

イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/19)

2011.9.19(月祝) 13時 戸田
L 000000000 0
S 00101110X 4
[勝]八木 [敗]藤原

8月は戸田でイースタンの試合を一度も見なかった。久しぶり(鎌ヶ谷では見たし、戸田で大学相手の練習試合は見たけども)。
20110919kyujo
先発は八木と藤原。どっちもなかなかストライクが入らないながら、案外、うまく打たせて取っていた。ピッチャーが巧いというより、拙攻という印象ではあったけど。
八木は5回まで投げて、四球の走者を3人出したが、牽制で刺したり、ゲッツーを取ったりで、無失点、被安打1、残塁1。2塁を踏ませないピッチングで、数字だけ見ると素晴らしい(^^;。ただ、今年何度か見た中では、一番安定感があったと思う。
これに比べると、西武の藤原は、かなりあっぷあっぷ。3回にヒットで出た雄平をユウイチがタイムリーで返して先制。5回の2死満塁で山田がタイムリーで1点追加。6回には四球で出た上田が、盗塁とユウイチのタイムリーツーベースで還って3-0。ただ、6回まで11残塁で、リードしてる割に、抑えられちゃってるな、という感じの内容ではあった。西武は7回に2番手前川を投入。先頭の荒木がヒットで出た後、牽制悪送球で3塁に進み、松井淳の犠飛で還って4- 0。さらに1死満塁まで持って行ったが、追加点はなく、拙攻な感じは続いた。
それでも、6回から登板したフェルナンデスが、3回投げて、3四球ながらも要所を締めて無失点。9回の一場も珍しく安定感があって、あっさり3人で終らせて、4-0の完封勝利。
20110919board
フェルナンデスは制球が甘いのが難だが(それでも、昔より随分良くなっていて、だから支配下登録もされたんだろう)、球は速いし、変化球も派手。華がある選手だから、1軍に行ければ人気が出るんじゃないかな。行けるかどうかは、本人次第だろうけど。

|

« J1リーグ第26節鹿島対名古屋 | トップページ | ラグビーW杯 日本対トンガ »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52776108

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対西武(9/19):

« J1リーグ第26節鹿島対名古屋 | トップページ | ラグビーW杯 日本対トンガ »